お見合い後の交際で敬語をやめたいときの対処法!タイミングはいつ?

お見合いで、理想の彼氏とやっと出会えたあなた。

かっこよくて、優しくて、頼りがいあって、不満は特にないんだけど、ただ一つ、交際が始まってしばらくたっているのになかなかタメ口で話してくれない。

実は、あなたが少し工夫して二人の距離を縮めることによって、あなたが望んでいるようなコミュニケーションがとれるようになりますよ。そのタイミングも踏まえてご紹介していきます。

Sponsored Links

お見合い後の交際で敬語での会話をやめたいときの対処法

対処法入る前に、まず、なぜ敬語からなかなか男性が抜け出せないのでしょうか?

そもそも、友人関係もそうですが突然なにかの集まりで出会った相手と親しくなるきっかけって、相手や自分が素の感情を出してきたときだと思います。

自分の失敗談や少し踏み込んだ話しをすると、相手も自然に心を開いて仲良くなったりしますよね。

それと同じで、あなたと彼氏の間にはまだ、その「素」を出せる状態が作れていない状態ということです。

対処法としては

  • 話しやすい環境作り、くつろげる場所を見つける。
  • 質問ばかりではなく、他愛のない会話を増やす。
  • 相手の趣味や仕事等、興味のある会話で相手に会話をしてもらう。

この3つで「素」を出せる状態にすることが大切です。

Sponsored Link

敬語からタメ口に変えるメリットは?

敬語からタメ口に変えることによって、二人の距離はグッと近づきます。家族にはタメ口で話す方がほとんどですよね。

ですから、家族のように信頼しあえる関係になるには、タメ口に変えてたくさんの話をしやすい環境作りが大事なのです。

私も最初、彼とお付き合いした当初は相手が年上だったということもあり、「タメ口でいいよ」と言われてもなかなか、次の会話からすぐにタメ口になんて出来ないのです。

ですが、徐々にタメ口に変えてきたころ、「あ、私この人になんでも話せるようになっている」と自分の変化に気づいたのです。それからの距離の近づき方はかなり早かったように思います。

敬語をやめるタイングはいつがいい?

敬語を止めるタイミングですが、どちらかが「敬語止めて、タメ口にしようよ!」と言ったのならいつでもいいと思います。

でも、お見合いで最初のころの会話はあんなに上品だったのに、敬語になった途端、突然話し方が荒かったりするとどう思うでしょう。それだけど、嫌われても仕方ありません。

今日から、敬語やめよう!と決めなくていいのです。自然の会話の中で、返事やリアクションを友人や家族にするようにして、徐々にタメ口にスイッチしていくことが大切ですよ。

例えば「うんうん」と共感してみたり、「嬉しい~」と何かしてもらったらリアクションしてみたりといった具合です。

彼氏が敬語をやめてくれないときはどうする?

彼氏が敬語を止めてくれないときは、最初にも書いたように自分の心をオープンにすることです。

年齢の差があって、彼氏が年下というのなら、年上と感じないくらい、あなたのかわいい一面や守ってあげたくなる一面を見せてあげると年齢の壁のハードルが下がると思います。

大事なのは、敬語を止めって言っているのにどうしてやめてくれないの?と彼を責めないことです。

彼が、敬語を止められないのには少なくともあなたにも理由があるのです。もし彼が、少しでも敬語を止めてくれたときは、「今の嬉しかったな」と素直に伝えてあげてください。

男性は、女性が喜ぶ姿をみるのが大好きです。

敬語をやめても礼儀はわきまえて!

あなたの思い通りに、敬語をやめてくれても、タメ口になったからといって礼儀を忘れてはなりません。最低限の女性としての振る舞いや口調は大切です。

そもそも、最初を思い出してください。お見合いであったあなたの雰囲気をみて彼もあなたとアプローチして交際することを決めたのです。

せっかく、そこまでたどり着いたのに、あなたが礼儀をわきまえる事が出来ないばかりに別れを告げられるなんてことがあったら悲しいですよね。

因みに、私も、彼には普段タメ口で話していますが、相手側の親御さんとあうときや友人と会うときは「〇〇さん」と最初のような呼び方をして、尊敬の気持ちで呼ぶように心掛けるようにしており、彼も感心してくれています。

そういった、少しの心遣いはいつまでたっても大切なのかもしれませんね。


いかがでしたか?今回は、敬語からタメ語へ変えてもらいたいときにどうやって上手く変えてもらえるかについて紹介しました。

敬語を使うと、どうしても堅苦しい雰囲気になってしまいデートをした後もなんとなく疲れてしまっている自分っていませんか?これから先楽しいデートにするために、

  • 相手を変えたいなら自分の心を開いてみることから
  • 彼がタメ語を使ってくれたらそのことに対して素直に喜ぼう
  • いつまでも礼儀は忘れずに

素敵な、交際が続くことを応援していますよ!

関連コンテンツユニット
【関連記事】