29歳で失恋し絶望…喪失ショックを越え10年後の幸せを掴むには


失恋すると絶望的な気持ちになりますよね。付き合いが長ければ長いほど、その喪失感は計り知れません。

しかも29歳という年齢。結婚できる確率がガクッと下がる30歳まで間もなくというギリギリの年齢です。考えたくなくても

「一生独身のままかもしれない…」

という考えが頭をよぎります。

  • 大きな喪失感
  • 将来への不安
  • 孤独感
  • 一生立ち直れそうにない…という深い傷

どうやって立ち直ったらいいんでしょう?

一生立ち直れそうにない…という深い傷を負い、今も悲しみのどん底にいる女性が、少しでも前向きになって立ち直っていけるよう、失恋の絶望から乗り越える方法を書いてみます。

29歳で失恋し絶望した状態からの乗り越え方

まずは思いっきりとことん泣きましょう。

「彼のこと大好きだった」

将来一緒になるなら…と彼との明るい未来を思い描いたこともあったでしょう?あなたにとって彼は人生の一部といえるほど大事な存在だったはずです。

その彼を失ったのです。

楽しいことや幸せなことがあっても、もう二度と彼に報告することはできないし、悲しくて泣いていても彼はもう二度と助けに来てはくれません。

あなたがどんなに

「嫌だ」

と思っても、彼はこれから別の女性と恋に落ち、いずれは他の人と結婚します。彼が恋しくて泣いてるあなたに見向きもせずに。

それはとても辛いことです。

だから今は、大声を出して泣いていいのです。泣いて、泣いて、泣き疲れるまで泣きましょう。

そうするとあなたも人間ですから、ふと

「お腹が空いてきたな」

ということに気付きます。そうしたら美味しいものを食べましょう。

  • エネルギー補給して
  • リラックスして

それを繰り返していたら、やがて少しずつ気持ちの整理がつくようになっていきます。

それと、彼との思い出の品は思い切って処分してしまいましょう。それがきっと立ち直りのキッカケになります。そうして気持ちの切り替えができたら、もう大丈夫。大好きな友人や家族と一緒に過ごしましょう。新しい出会いも探しに行きましょう。ほら、未来は暗いものじゃないと分かるでしょう?

それでも、今は絶望のどん底でそこまで頭が回らないという人のために、これからあなたがやるべきことを具体的に書いていきますね。

他人を遮断しとことん絶望感に浸る

最初にやるべきことは

  • 思いっきり泣く
  • とことん泣く

こと。

そのためにはまず1人になります。一番いいのは自分の部屋に閉じこもることです。仕事や勉強や家事などやることが山積みだったとしても、

「少し休もう」

と今だけはしばらく放置してください。この絶望感から抜け出さない限り何をやっても集中なんかできません。

そうして一人になる環境が整ったら次は 「泣けるもの」 を用意してください。
失恋ソングや悲恋映画など何でもいいです。

痛いくらい共感し涙が止まらなくなる…そういうもので周囲を満たし、その中で彼との思い出を辿っていくのです。

体の中の水分が全て涙となって出ていくのはないかというくらい泣けるはずです。

「どうして絶望のどん底にいるのにさらに落ち込むようなことをしなければならないの?」

と思うかもしれませんが、実はこれがとても大事なのです。

嘘みたいかもしれませんが 「とことん落ち込んで思いっきり泣く」 それが失恋から立ち直るためにまずやらなければならないことなのです。

もし失恋のあと悲しみに蓋をして無理やり明るく振る舞おうとすればどうなるか?

しばらくは気力で何とかなります。しかし自分を騙すことはできません。失恋して悲しい気持ちは何時までもあなたの心の中に残り、それが残っている限りあなたは苦しみ続けます。

やがて明るく振る舞う気力は尽きて

「つらい…」

と精神的にボロボロになってしまうでしょう。そういうわけで、悲しみを外に出す努力 「思いっきり泣く」 「とことん泣く」 が必要なのです。

涙が枯れたら美味しいものを食べる

人間とはなかなか図太いもので、失恋の絶望の底にあっても、

「なんかお腹すいたなー」

と必ずお腹が空いてきます。泣いてる間は気づかなくても、ふとした瞬間に、空腹を感じるものです。

その空腹は 「空腹を感じるくらいには悲しみから抜け出せた」 という体からのサインです。一人になって思いっきり泣いたおかげで、あなたは少しだけ前進することができました。

ここでは本能に逆らわず、あなたの好きなものを食べてください。泣き疲れた後なので消化に良いものがいいかもしれませんね。

温かなスープ、甘いチョコレートをひとかけら…癒されますね。もちろん肉をガッツリ食べてもいいですよ。美味しいものを味わって食べてください。

そうすると驚くほど力が湧いてくるのを感じるでしょう。また1歩前進です。仕事や学校生活、いつもの日常に戻る力が戻ってきましたね。

でもまだ完全には立ち直れていないはずです。ふとした瞬間に彼とのことを思い出しまた気持ちがふさぎ込んでしまうかもしれません。

その時はまた最初に戻って思いきり泣いてください。てスッキリする、美味しいものを食べてエネルギー補給する、これを繰り返すことであなたの失恋の傷はみるみる癒えていくでしょう。

思い出を処分し気持ちを整理する

彼のことを考えても涙が出ない、そこまで回復したら、次にすることは思い出の処分です。

「大事な彼との思い出を捨てるなんてできない…」

と思うかもしれませんが、あなたが失恋から完全に立ち直り、次の恋に進むためには、これも必要なステップなのです。

あなたは立ち直ったつもりでいても、彼が残していった物や思い出の品が目に入ると、あなたの気持ちは、心は彼との過去へと吸い込まれます。

これではいつまでたっても次の恋愛に進もうという気持ちになれません。

  • 彼の持ち物だったものは彼本人に返す
  • 二人の思い出の品は思いきって捨てる
  • 写真なども処分する
  • SNS上の彼との繋がりも断つ

これくらいのことが必要です。

とはいえ、元彼と仕事上の繋がりがある場合もありますよね。連絡手段まで断つと

「仕事で困るんだよね」

ということもあるので、仕事や生活に必要なものは残していいでしょう。

でも今後のあなたの人生をのためには、極力捨ててしまったほうがいいです。あなたの生活から元彼の存在を完全に断ち切っていきましょう。

女性の失恋からの立ち直りかたについて 「呪縛がとけるように」 と例えられますが、まさにそんな感じですね。

思い出を処分したことであなたにかかっていた呪縛がまた一つ解けました。

※写真の捨て方がわからない…そんな時はこちらを参考にしてみてください。
元彼の写真の捨て方はどうすればいい?スッキリさせて新しい恋へ!

家族や友達、大好きな人たちと過ごす

ここまで進んだら、あなたはもう仕事や勉強中、友人と遊んでいる最中に、急に元彼を思い出して気分が塞ぐことはほとんどなくなっているでしょう。

失恋する前と同じように、楽しいことを

「楽しい」

と感じられるようになっているはずです。大好きな友人や家族と楽しく過ごし、旅行や行事などにも積極的に参加しましょう。

そうすることで、元彼との思い出は新しい楽しい思い出に塗り替えられ、思い出すこともほとんどなくなっていきますよ。

もう失恋の傷はほぼ癒えたと言っていいですね。次は最後のステップです。

素敵な出会いを探しに行く

一度失恋してしまうと次を怖く感じてしまいがちですが、 「失恋に一番いいのは次の恋を見つけること」 と言うでしょう?

ここまでのステップを踏んだあなたの心は、次の出会いに踏み切る準備が整った状態にあります。

素敵な出会いを求めて、合コンやイベントにどんどん参加していきましょう。友人知人の紹介に良縁が転がっていることもあります。

誘いがあればともかく出向いてみましょう。きっと元彼とは比べ物にならないくらい素敵な男性と出会えるはずですよ。

ネットのマッチングサービスを利用してみる

最近主流になってきたネットのマッチングサービスを利用するのもオススメです。

スマホで簡単にできるマッチングサービスのwithなら利用していることを友達に知られる心配もありません。

自分の趣味や好きなことを登録することで、共通点が多い人を探すことができます。withは細かい設定もできるので、性格の合う人と巡り合いやすくなるのです。

登録人数も多いので、自分にピッタリの人と出会うことができるでしょう。顔写真も載せられるので、見た目で選ぶこともできます。

女性は完全無料のマッチングサービスwithの詳細はこちらです。

↓ ↓ ↓

「with」で婚活!話題の婚活アプリに登録してみました!

29歳という年齢を悲観しすぎないこと

女は30歳過ぎると価値が薄れるという話をあまり真に受けるのはよくないです。確かに結婚相談所などでは30歳を境に出会いが激減する現実がありますが。

でも、周囲を良く見てください。

30歳過ぎても幸せな結婚をした人は大勢います。幸せを掴むかどうかは、年齢よりも、その人の努力によります。

失恋から立ち直り再び、素敵な男性と出会えるかどうかは、あなた次第なのです。

まとめ

失恋のショックから立ち直るためにやるべきこと以下の5つです。
一人きりになって思いっきり泣く。
美味しいものを食べる。
元彼との思い出を処分する。
家族や友人と過ごす。
次の恋を探しに行く。

人生という限られた時間。

良い時もあれば悪い時もあります。できるなら良い時間、幸せな時間をより多く味わいたいですよね。
そのためにも、失恋からは少しでも早く立ち直ることが重要なのです。

関連コンテンツユニット
【関連記事】