旦那にイライラして離婚したい!夫婦のピンチを乗り越えるには?

女性も30代になると、仕事を辞めて結婚し、専業主婦になっている人もいますよね。あるいは、仕事を続けながら結婚生活を営んでいる人もいるでしょう。

仕事を続けるために子供をつくらない人もいますし、既に子供がいて働きに出ている人もいます。

結婚生活は人それぞれ千差万別です。でも、結婚すれば違う環境で育った男女が1つ屋根の下で暮らすことになります。

最初からお互いに何の問題もなく実家で育ったように結婚生活も続けられるかというと、そういうわけにはいきませんよね。

それまでの生活が一変するので、旦那にイライラすることも多々あるでしょう。例えば食事の食べ方、服の脱ぎ方、話し方や態度、ものの考え方や仕草にちょっとした癖など、例を挙げたらキリがありません。

イライラの原因が自分にある場合もあります。生理前や生理中など、女性にしかわからない体調の変化からくるイライラです。

男性にはよくわからない女性の体のことなので、理解してもらうためには面倒くさがらずに伝える必要がありますよね。

旦那にイライラして離婚したいと思った時どうすればうまくいくようになるのかを書いてみるので参考にしてみて下さい。

Sponsored Links

旦那にイライラして離婚したいと思った時の乗り越え方

まず、前にも述べたように、何に対してイライラしているのか理由をはっきりさせます。イライラの原因が自分の体調にある場合もきちんと自覚するようにします。

そして、イライラしていることを相手に伝えましょう。積極的にコミュニケーションを取ることが大事なのです。

考え方を変えてイライラを解消する方法もあります。例えば自分にとってはイライラすることでも相手の立場に立ってみると理解できることってありますよね。

家でゴロゴロしているのは職場での緊張感から開放されてくつろいでいるからなど。そして、イライラの連鎖を断つために、嫌なところよりも良いところを見つけて認める努力をしましょう。

相手に期待し過ぎてイライラしている可能性がある場合は、大人だからとか子供だからという枠を取っ払って、大人も子供も同じだと割り切ってしまうとイライラから解放されます。

自分の好きな趣味や習い事に没頭してイライラを解消するのも1つの手です。同じ趣味の人や習い事で知り合った同じ境遇の人に話を聞いてもらうとスッキリすることってありますよね。

そして、最終的に旦那を変えたければ自分が変わるしかないのですが、詳しくは後述しますね。

Sponsored Link

旦那にイライラする理由を考えてみよう

前述したように、妻はまずなぜ旦那にイライラするのか理由を考えてみる必要があります。イライラの理由がわかればどうすればいいのかが見えてきます。私のイライラの原因を例に挙げて考えてみましょう。

私の場合、イライラの原因の1つに、生理時の旦那の対応の悪さというのがあります。生理でイライラしているのに、イライラしている時に限って、旦那がからんでくるのです。

私がイライラしているのがわかるのか、機嫌も悪くなります。

そして、必ずといっていいほどケンカになるので、ある時そのパターンを理解してもらうために生理の時はそっとしておいて欲しいと打ち明けました。

生理で女性はお腹が痛くなるということも旦那は理解していませんでした。お腹が痛くて寝ていたかったり、生理だと眠気が襲ってくること、お腹が痛くてできないことがあることなどを、いちいち説明しなければなりませんでした。

私達は夫婦共に昭和生まれなので、旦那は昭和生まれにありがちな亭主関白な夫です。説明したからといって理解してくれるかは別の話でした。でも諦めずにコツコツと伝えることを続けていきました。

今日は生理だからねと。何も伝えずただイライラしていても何も変わりません。自分の力で状況を変え、生活しやすい環境にする必要があるのです。

考え方を変えてイライラを解消する方法

次に、イライラを解消する方法ですが、私がイライラする原因の1つでもある「片付け」を例に挙げて考えてみます。私の実家は両親がとても綺麗好きでした。

毎日掃除をするのは当たり前だし、片付け方も徹底していて、物が外に出ているということがありませんでした。

旦那が初めて私の家を訪れた時、私が絨毯に落ちた髪の毛を一本一本気にして拾い集めているのを見て、驚いていましたが、私にとっては当たり前のことでした。

一緒に生活するようになると、まずもめたのが掃除です。旦那は自分が家にいる時は掃除機をかけないで欲しいと言いました。

でも掃除機をかけずに一日を過ごすことが私にとってはイライラの種だったのです。片付けも同じでした。

脱いだものは脱ぎっぱなし、珍しく片付けてあるなあと思って引き出しを見ると丸めて入っている。きれいに整頓しておいた引き出しも、旦那が物を取ったあとはぐちゃぐちゃでした。

ゴミが目に付いても掃除機はかけられず、綺麗に整理してあったものもぐちゃぐちゃ、丸めて脱いだ服が入っている棚を見ると、奥から洗濯物が出てくる。

いくら綺麗に整頓しても旦那のやり方は変わらなかったので、ある時から旦那も子供も同じだと考えるようにしました。

旦那は大人だからできて当たり前なのではなく、旦那も子供も同じなのです。そう思えるようになってからイライラは治まりました。

相手の立場になってみる

掃除の一件は、休みの時に掃除機をかけられるとくつろげないのだろうなあと思ったので、ゴミには目をつぶるようになりました。

但し、結婚当初から子供がいたので絨毯やソファのゴミは粘着シートを使って取っていましたが。

嫌なところより良いところを認める

自分が旦那にイライラしている時は、旦那の良いところがなかなか見えてきません。イライラの連鎖に陥ってしまっているのです。

そういう時は、たまに私の片付け方を褒めてくれたり、自分のお皿やお弁当箱を洗ってくれたりするので、そういうところをなるべく見るようにしています。イライラの種を探し始めてしまうとキリがないので。

旦那の良いところに焦点を当てるようにすると、イライラを手放すことができますよ。

期待しすぎず諦めも肝心!

先程も旦那と子供は同じと言いましたが、大人だからとか子供だからという枠組みを取り外してしまうと、イライラからも解放されて楽になります。

そして、大人であっても子供であっても、毎日見ていることはいつしか体に染み込んでいきます。

毎日掃除された綺麗な部屋で過ごす気持ちよさを知ってしまうと、掃除機をかけるのが当たり前になります。休日でもかけないと気持ちが悪くなります。

子供が母親の手伝いをしているのを毎日見ていれば、1度もお皿やお弁当箱を洗ったことのなかった旦那でも洗うようになります。自分がイライラしなくてもいいように、時間が解決してくれるのです。

発散してイライラを解消する方法

私のイライラ解消法は買い物です。旦那のイライラ解消法はサーフィンとスケボーです。子供達のイライラ解消法はゲームとカラオケにアニメを見ることです。そして、家族みんなのイライラ解消法はカラオケです。

それぞれイライラの解消法があるので、今では夫婦喧嘩をすることもだいぶ少なくなりました。

趣味や習い事に没頭する

好きな趣味や習い事に没頭するのもイライラを解消する1つの方法です。私の場合、いると落ち着く自分の世界があります。

こうして記事を書きながら自分を表現するのも好きです。その世界さえ邪魔されなければ精神も安定するし、毎日楽しく生きて行くことができるのです。

邪魔されるとイライラしてしまいますが、そういう時は1度自分の世界から出るようにしています。自分の世界に執着せず、手放すのです。それがイライラを手放す方法だからです。

同じ境遇の人に話を聞いてもらう

自分と同じ境遇の人に話を聞いてもらうことでイライラを手放すこともできます。

イライラが手放せるわけは、同じ境遇の人に話を聞いてもらうと同意が得られるので気持ちがスッキリし、胸のつかえが取れて落ち着くからです。

自分が変われば旦那も変わる!

旦那を変えようと思っても変わりませんが、旦那にこうなって欲しいと思っていることを自分が黙って黙々とやり続けていると、旦那もいつしかやるようになります。子供も同じですよね。

そして、妻が黙って旦那のやりたいようにやらせてあげたり、好きなことをさせてあげていると、旦那は妻の嫌がるようなことをしなくなり、妻の要望にも耳を傾けてくれるようになります。


  • 旦那にイライラして離婚したいと思った時はイライラの理由を考えてみる
  • 考え方を変えてイライラを解消する方法もある

【例】相手の立場になってみる

嫌なところより良いところを認める

期待しすぎず諦めも肝心!

  • 発散してイライラを解消する方法もある

【例】趣味や習い事に没頭する

  • 同じ境遇の人に話を聞いてもらうという方法もある
  • 自分が変われば旦那も変わる!

旦那にイライラして離婚したいと思った時の乗り越え方をまとめてみました。イライラを解消するのに一番いいのは自分を変えることですが、簡単なことではありませんよね。

でも、子供のためなら何でもしてあげられますよね。

同じことを旦那に対しても思えたら、大抵のことは自分がしてあげればいいことだと思えませんか?自分が旦那に対してそう思えるようになったらこっちのものです。

旦那は奥さんへの感謝の気持ちから少しずつ言うことをきいてくれるようになります。

お互いのことが思いやれるようになれば、イライラすることもなくなりますよね。そうやって、家族みんなでイライラのない楽しい毎日を過ごしていきましょう!

関連コンテンツユニット
【関連記事】