結婚して別居してても扶養には入れるの?別居婚でうまくいくコツも!

結婚する予定だけど訳あってしばらく別居することってありますよね。

例えば

  • 入籍はしたけれど住む場所が決まるまでの間
  • 入籍はしたものの結婚式が終わるまでは別居するつもり

など、婚姻届を出すのが先になってしまって一緒に住むのが後になってしまう場合です。

このように最初から別居の形で結婚をスタートさせることを別居婚と言うのですが、別居婚は、結婚生活をしばらく送った後の別居とは意味が違います。

別居というのは結婚した後にお互いの価値観の相違やすれ違い、浮気などが原因で夫婦仲が悪くなり、離婚前提で別居することを言いますが、別居婚というのは別れるための別居ではありません。あくまでも結婚後一緒に住むことを前提とした別居なのです。

では、別居婚をする場合、別居したとしても扶養に入れるのか気になりますよね。

扶養に入るための条件や子供が生まれたらどうなるのか、別居婚のメリットとデメリット、別居婚でうまくいくコツについて書いてみます。

Sponsored Links

結婚して夫と別居をしたとしても扶養には入れるのか

結婚しても

「夫と別居していると扶養に入れるのかな」

って不安になりますよね。でも大丈夫です。

あなたが無職だったり年間収入が130万円未満でかつ被保険者からの仕送り額より少なければ被扶養者になれます。

但し、

  • 働いていて年間収入が130万円以上ある
  • 失業給付をもらっている

場合は働く意思があって生活の面倒を見てもらうつもりはないとみなされ、扶養に入れなくなってしまうので注意が必要です。

また、別居生活が長くなると子供が生まれる場合もありますよね。子供の場合は、三親等以内の直系尊属ですので、別居であっても親の扶養に入ることができます。

別居の親族が扶養に入れる条件とは

まず、 「扶養」 とは生活の面倒を見るという意味です。別居の親族が扶養に入れる条件を調べてみました。

被扶養者になれる親族の範囲は次の通りです。

1.生活の面倒を見てもらっている次の人(図・ピンクの親族)

1) 直系尊属(父母、祖父母など)
2) 配偶者(内縁関係も認められますが、他に法律上の配偶者がいる場合は認められません)
3) 子・孫および弟妹

http://venturejinji-senmon.com/chishiki_fuyou.html引用

別居中の親族が生活の面倒をみてもらっているとみなされる収入の認定基準というのがあるので参考にしてみて下さい。

【別居している場合(図のピンクの親族のみ対象)】

扶養に入るためには、前述したように、親族の年間収入が130万円未満(60歳以上または障害厚生年金が受給できる人は180万円未満)かつ本人からの援助(仕送り)額以下であることが条件です。

収入がなくなればその時点で扶養に入れます。例えば、結婚して配偶者が仕事を辞めた場合などです。

但し注意しなければならないのは、失業給付をもらっている間は働く意思があって生活の面倒を見てもらうつもりはないとみなされ、扶養には入れないという点です。

せっかく扶養に入れると思っていたのに、失業給付をもらっていたせいで入れなかったという人もいるので、あなたが上記の条件を満たしているかどうかチェックしてみて下さい。

※扶養に入るメリット、デメリットはこちらも参考にしてみてください。
結婚したら扶養に入らないといけない?扶養のメリットとデメリット!

子供が生まれたらどうなるの?

前述したように、子供は三親等以内の直系尊属ですので、別居であっても親の扶養に入れます。

扶養には入れますが、親と離れて片親だけと暮らしているとどうしても子供は情緒不安定になりがちです。出産後母親はそれでなくても

「なんか不安…」

とマタニティーブルーになったり情緒不安定になることが多いため、母親が情緒不安定になれば子供だって情緒不安定になってしまいます。

子供を1人で産み育てるのは精神的にも肉体的にも

「しんどい…辛いな…」

となりますよね。シングルマザーの苦労を考えれば容易に察しがつくはずです。別居婚でも同じことが言えます。

中には、大きな子供と同じ夫がいない方が面倒を見なくてすむから楽ができるという人もいるでしょう。夫が側にいなければうるさいことを言われなくてすむし、家事も手抜きができて自分の仕事にだけ専念できると。でも子供は父親と母親が別居していれば寂しいはずですよね。

子供が生まれるのを機に、同居を始めることにした夫婦もいます。やはり出産や育児の負担、子供の気持ちを考えたら家族みんなで力を合わせて暮らして行くのが一番です。

別居婚はあなた達2人の都合で選んだ結婚の形です。でも、子供が生まれたらもうあなた達2人だけの勝手で別居婚を続けるわけにはいきません。子供のためにも同居に切り替えることを検討してみて下さい。

別居婚のメリットとデメリット

別居婚のメリットとデメリットを箇条書きにしてみます。

【別居婚のメリット】

1. 自由な時間が持てる

別居していればあなたの時間を邪魔する人は誰もいません。あなたの自由に時間が使えますよね。子供がいなければなおのことです。好きな時に好きなことを自由にできます。

2. いつまでも恋人気分でいられる

別居婚だと同居のように毎日顔を合わせるわけではありませんし、たまにしか会えないのでいつまでも新鮮で恋人気分が味わえます。

3. お金の管理が出来るようになる

別居していてあなたしかいなければ、あなたがお金の管理をするしかありませんよね。従って嫌でもお金の管理ができるようになります。

【別居婚のデメリット】

1. 浮気されることは覚悟しなければいけない

離れて暮らしていればお互いに目の届かない所にいるのですから、相手が何をしていてもわからないわけです。浮気されることはある程度覚悟しておかなければなりません。

2. お金が2倍かかる

かまどを2つ持つということは、生活費や光熱費などお金が2倍かかるということです。お互いに仕事をしていて自立していればいいのですが、そうでない場合は生活がどんどん苦しくなります。

3. 孤独感にさいなまれる

離れて暮らしていれば寂しいのは当たり前です。離れていた方が気が楽だという人は別ですが、好きで結婚したのに離ればなれで生活していれば孤独感にさいなまれてしまいますよね。

確かに自分の時間を自由に使えるというメリットはあるかもしれませんが、1人で生きて行くのは寂しいですよね。話を聞いてくれる人や一緒に食事をしてくれる人、看病してくれる人や一緒に寝てくれる人がいなければ

「孤独だな」

となり生きて行くのが嫌になってしまいます。別居婚も期間限定だから耐えられると言えるでしょう。

別居婚でうまくいくコツ!

別居婚には別居する理由が必ずありますよね。その理由が解消されたらなるべく早く同居することをおすすめします。

別居している間も、連絡はマメに取ったり会う回数を増やすなど、なるべくお互いに相手のことを気にかけ、放っておかないようにしましょう。

放っておかれれば寂しくなるし寂しくなれば浮気をされる確率が高くなります。

同居するまでの別居婚のはずが、別居婚が離婚するための別居になってしまっては元も子もないので、別居していても結婚しているのだという自覚だけは忘れずに持ち続けていて下さい。

同居していればしていたであろう家事や夫婦生活など、別居だからといって手を抜かないことです。なるべく相手の家に行って掃除や洗濯、食事の世話や夫婦生活など頑張るのが別居婚でうまくやるコツです。

まとめ

結婚して夫と別居をしたとしても扶養には入れるのかについてまとめてみます。

扶養に入るためには、

  • 年収が130万円未満
  • 被保険者からの援助(仕送り)額以下である
  • 仕事を辞めた
  • 失業給付をもらっていない

ことが条件になります。

収入がなくなればその時点で扶養に入れます。

但し、失業給付をもらっていると働く意思があって生活の面倒を見てもらうつもりがないとみなされて、扶養には入れなくなってしまうので注意が必要です。

以上の条件を満たしていることが扶養に入る条件なので是非参考にしてみて下さい。

関連コンテンツユニット
【関連記事】