結婚で保険証を変更したとき届くまでの間に病院に行くにはどうする?

結婚すると健康保険証の変更手続きをしなければなりませんよね。でも、変更手続きが完了して新しい保険証があなたの手元に届くまでは保険証がありません。

「どうせ病気や怪我などで病院へ行くこともないだろうから少しの間くらい手元に保険証がなくても大丈夫だろう」

と思っていると何かあった時大変です。

普段あまり使うことのない健康保険証でも、なければないで不安になるし、ない時に限って使う用事ができたりするものです。

実際、あなたのように健康保険証の変更手続きをしている間に病院へ行かなければならなくなって困っている人もいますよね。

結婚で健康保険証の変更手続きをしている間に、病院に行かなければならなくなった場合どうすればいいのか、新しい保険証が手元に届くまでどれくらいかかるのかについて書いてみます。

Sponsored Links

結婚で健康保険証を変更したとき届くまでの間に病院に行くにはどうすればいい

普通、健康保険証がないと3割負担で病院を受診することはできません。

しかし、受診する前に病院の受付で

「改姓のために保険証の変更手続きをしていて新しい保険証がまだ届いていません」

と伝えて、月末までに改姓された保険証を提示すれば3割負担で受診することができます。

1ヶ月に1回とか予約をして定期的に診療に通っていたり、改姓するために保険証を変更手続きに出さなければならない場合は、 「健康保険の資格証明書」 を発行してもらって下さい。

「健康保険の資格証明書」 は、保険証ではありません。しかし、請求内容が書かれていて保険証の代用ができます。正式名称を 「健康保険被保険者資格証明書」 と言います。

これを提示すれば改姓のために新しく健康保険証を変更している最中であることがわかるので、健康保険証を変更手続きに出す前にもらっておくと、急病や怪我などで病院へ行くようなことになっても安心です。

但しすぐに発行してもらえるものではないし、有効期間は証明日から20日以内です。予め早めに発行手続きをする必要があるのと有効期間があるということを覚えておきましょう。

受診する時に「健康保険被保険者資格証明書」 を提示していても、新しい保険証が出来上がって手元に届いたら原本を確認する必要があるので、必ず病院の受付を訪れて新しい保険証を提示して下さいね。

※そもそも結婚したら扶養に入らないといけないの?についてはこちらも参考にしてみてください。
結婚したら扶養に入らないといけない?扶養のメリットとデメリット!

保険証が届くまでにかかる期間は?

健康保険証を変更手続きに出すといつ戻ってくるのか気になりますよね。

「健康保険被保険者資格証明書」 を予めもらっていれば病院に行くことになっても、とりあえずは安心ですが、運転免許証を持っていない人の場合は、健康保険証が身分証明書代わりになったりします。

病気の時だけに限らず健康保険証は、身分証明書代わりにもなるので、なるべくいつでも提示できるように持っておきたいですよね。

では、変更手続きに出した健康保険証はどれくらいで新しくなってあなたの手元に届くのでしょう。

変更手続きに出した健康保険証は、申請書類を提出してから出来上がるまで早ければ2~3日で手元に届きますが、会社の本社や保険証を発行している場所が遠方にあると、郵送で書類を送って新しい保険証を返送してもらうというやりとりが必要になるため、1週間前後は見ておかなければなりません。

やはり1週間前後かかるのであれば 「健康保険被保険者資格証明書」 は準備しておくにこしたことはありませんね。その方が何があっても安心なので。

保険証なしで病院に行く場合の対処法

前述したように、健康保険証がないと医療費の3割負担で病院を受診することはできません。だからといって旧姓のままの保険証は使えません。そういうことをすれば医療費は全額負担になってしまいます。

全国健康保険協会の保険証だと有効期限がないため気づきにくいのですが、一時的に3割負担で請求された場合でも後日になって保険証が使えないことがわかると、 「保険証が違うので請求先を確認して下さい」 という内容で社会保険から病院へ7割分の請求が返ってきてしまいます。

すると、その7割分の請求は病院からあなたへ請求が行くのです。保険証が無効だったり受信日に加入している健康保険がないとそうなってしまうので、改姓のために保険証を変更手続きに出している場合は、面倒くさくても旧姓の健康保険証を使ったりせず、正直に

「改姓のために保険証の変更手続きをしていて新しい保険証がまだ届いていません」

と事務の受付に話すか、または、予め 「健康保険被保険者資格証明書」 をもらっておいて病院へ行きましょう。そうすれば3割負担で受診することができます。

或いは、一時全額負担するという手もあります。お金があれば全額負担して受診しておいて、後で新しい健康保険証が届いたら病院の事務に持って行き提示すれば、健康保険証を提示して受診したのと同じ3割負担で7割は返ってきます。

いつも健康保険証を携帯していたくないという人もいるので、そういう人の場合は現金負担しておいて後から返金してもらといいでしょう。

健康保険被保険者資格証明書を発行しておくことも!

前述したように、口頭で

「改姓のために保険証の変更手続きをしていて新しい保険証がまだ届いていません」

と病院の事務の受付窓口で話せば新しい健康保険証を月末までに提示するという条件付で3割負担の医療費で受診することはできます。

しかし、1ヶ月に1回とか定期的に病院へ通っている場合は、 「健康保険被保険者資格証明書」 を発行してもらいましょう。

「健康保険被保険者資格証明書」 は保険証ではありませんが保険証の代用ができ、有効期間は証明日から20日以内です。ずっと使えるというわけではないので気をつけて下さいね。

「健康保険被保険者資格証明書」 はあくまでも代用なので、必ず新しい保険証があなたの手元に届いたら病院側は原本を確認する必要があるので、あなたは新しい保険証を持って病院の受付窓口を訪れて下さい。

あなたが病気になった場合、きちんと症状を伝えて落ち着いて診療が受けられるケースならいいのですが、急病などで意識がなかったり症状を説明している余裕がない場合もあります。

病気によっては口頭で新しい健康保険証が手元にないことを伝えられない場合も考えられるので、 「健康保険被保険者資格証明書」 はなるべく事前に準備して手元に置いておきましょう。

まとめ

結婚で健康保険証を変更したとき届くまでの間に病院に行くにはどうすればいいかについてまとめてみます。

方法は2つあります。

  • 口頭で 「改姓のために保険証の変更手続きをしていて新しい保険証がまだ届いていません」 と病院の事務の受付で伝える
  • 「健康保険被保険者資格証明書」 を準備しておく

「健康保険被保険者資格証明書」 は保険証ではありませんが、保険証の代わりになります。 「健康保険被保険者資格証明書」 を提示すれば医療費の3割負担で受診できます。

但し、新しい保険証があなたの手元に届いたら、病院は原本確認をする必要があるため、新しい保険証を病院の事務の窓口に提示して下さい。

「健康保険被保険者資格証明書」 もすぐには発行してもらえないので、早目の準備がおすすめですし、有効期間は証明日から20日以内なので注意が必要です。覚えておいて下さいね。

もし、どうしても発行前に病院へ行きたい場合は、とりあえず全額負担しておいて後から新しい保険証を提示して返金してもらうこともできます。

新しい保険証が手元になくても病院を受診することはできるので、是非参考にしてみて下さい。

Sponsored Links

この記事をお届けした
恋なやの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

Social Service Site

Follow!

関連コンテンツユニット
【関連記事】