彼氏を紹介するときの服装は?結婚前提の場合とそれ以外の場合!

両親がそれとなく彼氏に会いたがっているなと感じたら、あなたは紹介の段取りの中で彼氏の服装をまず真っ先に考えないといけない。

なぜなら第一印象は目に入った情報から一瞬で人格を判断してしまうの。制服などにもそのような効果があるので、お医者さんや警察官に会うと自然と緊張してしまうっていう人もいると思うの。

つまりそれだけ服装が人に与える印象は良いか悪いかが相手の心理に影響しちゃうということ。

特にお付き合いも割と長くて今後の将来の結婚などを見据えての紹介となると、最初の印象がその後長い時期の両親と彼氏との関係を決めてしまうとも言い切れる。

一方で、特に結婚の予定があるわけではない場合にしても、明らかに常識から外れた服装で彼氏と両親を会わせてしまったら、両親の自分に対する信用を失ってしまうかも!

変なファッションの男と付き合っているうちの娘は頭がおかしいんじゃないか?と、両親に心配される前に、彼氏と両親の初対面を大成功させる彼氏の服装についてとっておきのアドバイスを紹介するね!

Sponsored Links

彼氏を親に紹介するときの服装はどうする?

あなたが彼の服装にわりと無頓着だとしても、親に紹介する時に一番気をつけなければならないのは『色のバランス』と『清潔感』。まずは普段の彼氏の服装を分析してみよう。

全体のベースカラーは男性らしいブルー、ネイビーを中心にした爽やかな色合いがおススメ。靴下は新調してワンポイントに縁起の良い赤が入ったグレーなどがオシャレ感を演出できるかも!

最近は男性のおしゃれでピンクや紫なんかも流行っているけど、親世代の常識をくみ取ってあげて。男は男らしくっていう昭和の常識を忘れてはだめよ!

もし、彼氏と両親とで外食などの予約が事前に分かっていれば、スーツも悪くはないけど、堅苦しい印象になるので『白シャツ+黒ジャケット』のような組み合わせは避けたほうがいいかもね。

意外と重要なのがサイズ感。小さめのサイズを着て体にやたらフィットしている感じは見ていてあまり気持ちのよいものではないから。彼氏には適度にゆとりのあるサイズ感を着せてみて。

Sponsored Link

結婚前提の場合に望ましい服装

両親への紹介が、そのまま彼氏から両親へ結婚の承諾を申し出るような場となるような緊張感のある顔合わせになったら、それなりの正装に近い服装でも違和感はない。

ただ、服装を見た瞬間に『結婚の承諾なのでは?』と思われるのも困るという彼氏の気持ちを尊重して普段着にジャケットをはおる程度で他の工夫を取り入れてみよう。

例えば本気度を感じさせるのはやはりそれなりのお値段の服装かもしれない。

ファストファッションもいいけど、ジャケットだけでもセレクトショップなどで新しく購入してみて!カジュアルな中にも品の良い雰囲気を出せるんじゃないかな。

お付き合いの報告だけの場合に望ましい服装

お付き合いの報告というのは、いわゆるお家デートに行く感覚だと思うんだよね。

彼氏の普段の服装でも悪くないと思うけど、ダメージのあるジーンズや変なメッセージの書いてあるTシャツなどは絶対に避けてもらって!

服装だけでなく、髪型や清潔感にもちゃんと気をつかってこそ全体のバランスが保たれるってこと忘れないでね。伸ばし放題のひげも印象が悪いよ。

自宅デートで絶対にやってはいけない失敗はとにかく靴下に穴が空いてる!とかあり得ないから注意しようね。靴も泥がついてたりシミがあるようなスニーカーは避けたほうが無難かも。

季節や場所など状況に合わせて臨機応援に!

両親との顔合わせで時々突然バーベキューなどの野外イベントに誘われることもあると思う。

緊張させないために両親が気を使った場合は野外イベントの服装がビシッとしたスーツでいわゆるマニュアル的な正装は場の雰囲気からかなり浮いてしまうので、食事の内容は事前にかなり細かくチェックしよう。

結婚前提の紹介の場合、両親が寿司懐石などの和食をチョイスすることも。そんな時は彼氏の手元にゴツゴツしたアクセサリーなどはNG。

アクセサリーもファッションの一部ということはしっかりと頭に入れておこう。

親がどんなタイプかの見極めも大事!

娘の彼氏を頭のてっぺんからつま先までチェックするタイプの親にはそれなりの傾向があるんだよね。

私の実家は地方の古い慣習が残る地域だから、父親が服装のチェックしてるのが特に厳しいと感じたかな。

親の職業もとても関係してくる。銀行や公務員などの堅い仕事についているとか、営業のお仕事をしていたりすると身だしなみには本当に厳しい。

ここでとても役に立つのが、父親が母親の両親に挨拶した時の状況とかを事前にリサーチすること。さりげなくやっておいて損はないと思うよ。


彼氏を紹介するときの服装、結婚前提にも役立つまとめ

  • 第一印象は目に入った情報から一瞬で人格を判断してしまう、服装が人に与える印象は良いか悪いかが相手の心理にダイレクトに影響する。
  • 一番気をつけなければならないのは『色のバランス』と『清潔感』。まずは普段の彼氏の服装を分析してみよう。
  • 全体のベースカラーは男性らしいブルー、ネイビーを中心にした爽やかな色合いがおススメ。靴下は新調してワンポイントに縁起の良い赤が入ったグレーなどがオシャレ感を演出できるかも!
  • ダメージのあるジーンズや変なメッセージの書いてあるTシャツは問題外。伸ばし放題のひげ、穴の空いた靴下、泥だらけでシミのあるスニーカーにも気をつけて。
  • 寿司懐石などの高級感ある和食の席で彼氏の手元にゴツゴツしたアクセサリーなどはNG。アクセサリーもファッションの一部ということはしっかりと頭に入れておこう。
  • 古い慣習の残る田舎出身の両親や、親の職業を考慮して!
  • 父親が母親の両親に挨拶した時の状況とかを事前にリサーチすることで彼氏に抜け目なく完璧な服装をコーディネートできる。

いまどき人は見た目じゃないと思っている20代と、昭和生まれの親世代にはかなりのギャップがあることを痛感させられるのが服装の常識の違い。

長くお付き合いしていくうちに彼が毎日同じTシャツ着ていても、それに穴が空いていても、仕事が忙しくてひげを伸ばし放題でも彼女である自分はそこを愛おしいって思ったりするよね。

もちろん、あなたが彼氏を服装だけで選んでいないことは両親にもわかっているだろうけど、両親が見ているポイントはそんなところじゃないって気づいてる?

つまり、『ここぞという時』に、自分の我を通すのではなく、常識を持って服装を場や他人に合わせられるかという点を見ているんじゃないかな?

服装や身だしなみって自分本位じゃなくてそれを見せる相手があってこそ。

奇抜な恰好をしていたり、『自分はこのファッションじゃなきゃダメ!』なんて考え方だったら、自分勝手でまわりを無視した人という印象を持たれるはず。

服装の選び方一つであなたという人間を大事に尊重してくれる人かどうかを本当は判断していると思ってみてね。

関連コンテンツユニット
【関連記事】