彼氏の家で留守番をする時にしない方がいいこと!心構えも大事!

彼氏が突然出かける事になったという時にあなたならどうしますか?もし付き合って長いなら別になにも気にせず漫画やゲームでもしながら待ってますよね。

もし相当長い時間出かけるなら家に帰ろうとなると思います。

だけど付き合い始めて間もないと何かざわめきますよね。それが好きな人であれば尚更です。

彼の持ち物や昔の写真、パソコンの中身。気になる事は目一杯。

『見てみたい…けど…』

見たいけどやはり罪悪感が伴うし、見たくないものを見る羽目になるかも知れない怖さもあると思います。

もしかしたら彼のとんでもない性癖を見つけるかも知れませんし、大切にとってある元カノの写真が見つかることもあるかも知れません。

『見たいけど、見たくない!』

かく言う私も経験があります。彼氏の友達から電話が掛かってきて出かける事になったんです。彼は特に何も言うこと無く出かけていきました。

やましい事がないと言わんばかりです。その時に私がとった行動をお伝えしますね。参考にして下さい。

Sponsored Links

彼氏の家で留守番する時にしない方がいいこと

留守番というのは、その名の通り「留守の間の家を守る」ことです。「留守の間に家を荒らす」ことではありません。とにかく、家具や収納に勝手に触ることだけはやめましょう。

彼氏が普段読んでいる本、聞いている音楽、服、好きなゲーム。付き合って日の浅いカップルであれば、表面的に見える情報だけでも大変魅力的に見えます。

彼氏がいれば彼氏に集中していられますが、彼氏がいない間は周りに目が向きます。

自分の知らない彼氏の側面があちらこちらに見えてくると、

『もっと見たい』

と思うのが人間というもの。押し入れや引き出しなど、見えないように隠してあるところまで開けてしまいたくなります。

でも、見えないように隠してあるということは、容易に見られたくないということ。隠すだけの理由があるのです。女性だって、目につかないように収納してある下着を勝手に見られたら、大変嫌な気持ちになるでしょう。自分の立場に立ってみれば、留守番の間にしてはいけないことがおのずとわかってくるはずです。

Sponsored Link

彼女に留守番を頼む男性の心理

自分の家を彼女に任せる。これは信頼の一言に尽きます。そこまで深く考えずに留守番を頼んでいる彼氏もいるかもしれませんが、それも「あなたを疑いもしない」という信頼の証です。

その信頼にこたえられるようにしたいものです。

しかし、中には留守番を任せてあなたを試そうとする男性もいます。

『この子に留守番を任せても大丈夫か。部屋を漁って秘密を暴こうとするような女性ではないだろうか』

というテストをしているかもしれません。

どちらにせよ、男性が隠したがっているものを勝手に見るのは、失礼な行為です。好奇心をぐっと抑えておとなしくしていましょう。

人間には「自己開示の返報性」という心の働きがあります。自分と相手が同じくらいお互いの情報を知っている関係性をとろうとする働きです。

AさんとBさんが友達になろうとするならば、Aさんが自分のことを20パーセント話したとしたらBさんも20パーセント話す、という関係を築こうとするのです。

彼氏の秘密を知りたいのなら自分の秘密も話しましょう。それが一番の近道です。

留守番中のおすすめの過ごし方

いきなり留守番を頼まれたらどうしたらよいかわかりませんね。基本的に、部屋の中にあるものには触らない方がいいですから、自然とやることも限られてきます。

暇を持て余してしまう人も多いでしょう。例えば、出かける彼氏を見送るときに、

『あのCD聞いて待っててもいい?』

『あの本に興味あるんだけど、読んでみてもいい?』

と聞いてみてはどうでしょうか。CDや本など目につくところに置いてあるものなら、彼が隠したがっているものではありませんから大丈夫です。

快く

『いいよ』

と言ってもらえたら、それらを楽しみながら待っていましょう。秘密を暴くのはいけませんが、許可をもらったうえで彼氏の好きなものを知るのは良いことです。

クリスマスや誕生日などでプレゼントを選ぶ時のヒントになるかもしれません。

気を利かせて片づけや掃除をするのはあまりおすすめできません。散らかって見えたとしても、彼氏には彼氏の掃除のタイミングがあります。勝手に彼氏のものに触ったり移動させたりするのはやめた方が無難です。「掃除したいんだけど、手伝ってくれない?」と言われたときに初めて手伝えばいいのです。

留守番をするときの心構え

とにかく、「勝手なことをしない」ということだけは徹底しましょう。彼氏がいるかいないかに関わらず、彼氏の家は彼氏の領域です。何か触ってみたかったら必ず許可をとらなくてはいけません。

1回1回

『〇〇してもいい?』

と聞いていけば、彼が何をしてよいと思い何をすると嫌がるのかが自然とわかってきます。彼のことを知りたいという気持ちは自然なことです。

でも彼氏の隙をつくようなことはやめましょう。彼が自分のことを明かしてくれるようになるまで信頼を積み重ねること。留守番もその一歩です。

『この子なら家を任せられる』

と思えるように、節度ある行動をとりましょう。

※自分の家に彼氏を呼びたい!そんな時はこちらも参考にしてみてください。
一人暮らしで彼氏を呼ぶ時に押さえておくことは?彼は見ている!!

彼氏の家で留守番を頼まれたときには、

  • 勝手に家のものを触らない
  • 彼氏は留守を任せてくれるほど信頼してくれている、または信頼できるかどうかを試している
  • 留守中に触ってもいいものや使ってもいいものを聞いておけば、留守中も手持無沙汰にならない
  • とにかく勝手なことをしないことを徹底する

私も彼氏との付き合いが長くなってきたころ、深夜までアルバイトをする彼氏を彼氏の部屋で待っていたことがあります。

いつも読ませてもらっている漫画を今日も読んでいよう、と思って手に取ったとき気づきました。漫画の奥にエッチな本が!

その時はもう3年ほど付き合っていたころだったので今更隠す必要もないのですが、それでも隠したくなるのが男性の心理のようです。

男性はプライドの高い生き物。隠し事に触れてプライドを傷つけないように、女性の方が大人になってあげることも必要なのかもしれません。

Social Service Site

Follow!

関連コンテンツユニット
【関連記事】