元彼のTwitterをフォローしたい時に考えたい判断基準!

『別れた元彼の行動や現在がどうしても気になってしまう…』

そんな時に、気軽に元彼の今を知る事ができるTwiterはとっても魅力的に思えますよね。

ですが、何も考えずにフォローボタンをポチッ!と押すと、ブロックされたり文句を言われたりトラブルになるかもしれません。判断基準は

  • 元彼が自分の事をどう思っているのか?
  • 元彼をフォローして自分はどうしたいのか?

この2つをしっかりと考える事!

ぜひ参考にして、元彼のTwiterをフォローするかしないか、しっかり判断してください!

Sponsored Links

元カレのTwitterをフォローしてもいいかの判断基準を考える

元彼のTwiterをフォローしようかな…どうしようかな?と悩んでいる人は、まずは別れ方から判断してみましょう!

喧嘩別れしてしまった場合

彼と大喧嘩して、勢いで別れた!そんな彼だからこそ、

『今はどうしているのか気になる…』

そんな場合もあるでしょう。

ですが、彼の怒りが収まっていないとTwiterをフォローしても更なる喧嘩に発展してしまうかもしれません…。

さらには、タイムラインに悪口や愚痴が書いてあるかも…。Twiterをフォローする前に、よく考えてくださいね。

自然消滅で別れしてしまった場合

理由もわからないまま、連絡が途絶えて別れてしまった…そんな時に、彼のTwiterアカウントを発見!思わず

『フォローしてメッセージを送りたい!』

という衝動にかられると思いますが、少し待ってください!

自然消滅の理由はなんであれ、あなたの順位は彼の私生活の中では少しの連絡もあと回しになるほどのもの。

そんな彼のTwiterをフォローしても、また心に傷を負うかもしれません。

両思いのまま事情があって別れた場合

『お互いに大好きだったのに、遠距離になったり仕事だったり、色々な理由で別れなければならなくなった…』

そんな相手のTwiterアカウント、見つけたらフォローしてすぐに声をかけたくなりますよね。

でもその前に、しっかりと彼のTwiterのタイムラインを読んでみてください。

新しい彼女が出来ていたり、もう新しい生活に踏み出しているかもしれません。

相手の事情や思いなどもしっかりと考えてからフォローに踏み切りましょう。

Sponsored Link

フォローしてどうしたいかしっかり考える

あなたは、元彼のTwiterを発見して…フォローして一体、どうしたいのでしょう?

Twiterはフォローしなくても、いわゆる身内だけ見られる設定である鍵をかけていない限りは見る事は可能なはず。

元彼のTwiterをフォローする理由をしっかり考えてみてください。

連絡を取りたい

連絡を取りたい場合、Twiterではフォローしなくてもリプライでメッセージが送れます。

ただ、その内容は他の人から読まれてしまうため

『改めて連絡をほしい』

旨を伝えるのがベストと言えます。

ダイレクトメールという方法もありますが、フォローしている人しか受け付けない設定になっていると送れません。

その場合にフォローしたい!と思うかもしれませんが、まずはリプライでLINEやメールで連絡がほしいという思いを伝えましょう。

とにかく近況や行動が知りたい

この場合も、フォローはあまり必要ありません。TLを見れば元彼の近況や行動はある程度解るでしょう。本人に

『最近どうしてたの?』

と声をかけたい場合は、上で説明したようにフォローせずともリプライという形で会話が可能です。

フォローをして、もしもブロックされてしまったらタイムラインを見ることも出来なくなります。ですから、少し様子を見てみてくださいね。

何か繋がりを持っていたい

おそらく、Twiterをフォローしたいと思っている人は主にこの気持ちなのではないでしょうか?フォローすれば、相手にもフォローしてもらえるかもしれません。

ですが

『私はこの人とつながっている!仲よしだもん!』

という事を周りにアピールしておきたいという気持ちで繋がりを持っても、誰も得をしません。それどころか、友達などに

『別れたって言ってなかった?』

や、もしも新しい彼女が元彼に出来ていた場合は「何このひと!」と思われて攻撃されるかもしれません。

※元彼に彼女ができたのを知ってしまって辛い…そんな時はこちらも参考にしてみてください。
元彼に彼女ができてつらい!そんな時に気分を変える効果的な方法は?

未練があるから復縁したい

未練があるからなんとかヨリを戻すきっかけが欲しい!と思いフォローしたい!と考える人は少なくないでしょう。

ですが、Twiterをフォローしても復縁のきっかけになるかは難しいと言えます。

Twiterはコミュニケーションツールですが、別れた相手からしつこく「いいね!」されたりすれば少し煩わしく感じます。

逆の立場から考えれば、少し実感が湧くのではないでしょうか?

復縁をしたいと思う場合は、TwiterでコミュニケーションをとるよりもTwiterで「○○が欲しい」や「○○で困っている」などの呟きを見つけてさりげなくフォローしたりして、現実に働きかけてきっかけを作ってみてはいかがでしょうか?

鍵がかかっている場合はどうするか考えよう

Twiterアカウントには親しい人にだけ内容を見せる「鍵」という機能があります。もしも元彼のTwiterに鍵がかかっていたらどうするかを考えてみましょう。

元彼の鍵アカウントと繋がってる友人に教えてもらう

元彼の鍵アカウントと繋がっている友達がいるのなら、内容を教えてもらう…なんていう方法があります。ただし、どうして発言に鍵をかけているのかよく考えてください。

バレてしまうとその友達の信用もなくしてしまうので、きちんとその事を解っておきましょう。

素直にフォロー申請してみる

一番素直で、これがベストであると言えます。もしフォロー申請が通らなくても怒ってはいけません。『もし仮に自分が申請された方だったら、どうするかな?』

と一度自分の心に聞いてみてください。

もし「受け付けない場合もあるかも…」と少しでも思ったのなら、自分が受け入れられなくても相手に怒りを感じてはいけませんよ。

Botなどのアカウントを装ってフォローしてみる

これはあまりオススメしません。

元彼の興味のある情報を集めるBotを装ってフォロー申請を通してもらおう…と考える人や、この方法をオススメしている人が結構いたりするのですが…おすすめはしません。

これは相手を騙す行為です。もしも復縁を望んでいる場合や、仲良しに戻りたいな…と思っている場合、バレた時に修復不可能になってしまいます。リスクがあることを忘れないでくださいね。

見るだけならフォロー不必要!本当にフォローが必要か考えよう

何度も言うようですが、フォローしたい!と思った人は、本当にそのフォロー必要かどうか考えてみてください。

見るだけならフォローは不要ですし、余計なトラブルを招かないためにもリスクや色々な事を考えてから、フォローするかしないか、判断するようにしてください。


以上が、元彼のTwiterをフォローしたいな…と思った人に知ってほしい、判断基準です。

大切な事は

  • 元彼とどう別れたか?今の自分の印象は元彼にとってどうなのかな?という点
  • 元彼のTwiterをフォローして自分はどうしたいのか考える
  • トラブルに発展させて迷惑をかけない、色々なリスクがある事を理解する

という3つの事です。

Twiterはとても身近なコミュニケーションツールです。ですが、別れた相手を追いかけたりする為のツールではありません。

いきすぎるとストーカーと言われてしまう可能性だってアリえます。

近況を知りたい場合はそっと陰から見守る、くれぐれも嫌われてしまったりトラブルに発展するような行為などは控えるようにしましょう。

関連コンテンツユニット
【関連記事】