元彼からのプレゼントは返す?返さない?必見!ベストな取扱い方!

元彼から貰ったプレゼント…貰った時はすごく嬉しかったけど、別れた後は「どうしよう…」と悩みの種になってしまうもの。

そんな元彼からのプレゼント、返す?返さない?と悩んでいる人に参考にしてほしい、プレゼントのベストな取り扱い方をお話します!

ズバリ、一番いいプレゼントの取り扱い方はプレゼントの種類から判断すること!ぜひ参考にして、悩みを解消してください!

Sponsored Links

元彼から貰ったプレゼント、返す?返さない?

別れた後に悩んでしまう元彼からのプレゼント。捨てちゃうのもなんだか怖いし、どうしよう…?と悩みがちですよね。

プレゼントの種類から考えて取り扱い方を考えるのが正攻法!でも、結局の所…自分の気持ちを一番大切にするのがベストです。

Sponsored Link

プレゼントの種類から考える

元彼から貰ったプレゼント、どうしようかなあ…と悩んでいる場合、プレゼントの種類から考えるのが一番いいでしょう。

かさばるもの、小さなもの…色々なプレゼントがありますが、自分の気持ちと向き合いつつ参考にしてください。

ちょっとした雑貨の場合

例えば小物入れや家電、置物やキーホルダーなどの雑貨の場合。この場合、「自分が気に入っていて、使っているかどうか」を判断基準にしてみましょう。

貰ったものでも、気に入らないデザインや使い心地などが自分の好みと合わない場合は今残しておいても結局使う事がありません。

自分で買ったものですら気に入らなかったら使わない事が多いのですから、人から全く好みでないものを貰った場合、万が一にも使うなんて機会はこないと言えます。

貰った物だから捨てづらい…と思っても、使わないなら残しておく必要はないかもしれませんよ。

アクセサリーの場合

ネックレス、ブレスレット、指輪…これらのアクセサリーは、彼が自分に似合うだろうと見繕ってくれたものです。

さて、そう言われると処分したい!と思っていても処分しづらくなりますよね。

でも、もしそのアクセサリーが自分のお気に入りでない場合はアクセサリーボックスに入ったままになってしまう事になりますよね。

これも、自分の好みか否か、使うか使わないか?で判断してしまいましょう。

高価な物の場合

高価な物を捨てるのは罪悪感が…と思っている場合も同じです。高価でも、お金を払ったのはあなたではありませんからダメージは0です。

この場合、捨てるよりも「人にあげる」「売る」などの選択肢も増えますので、自分の好みのものでなく使う機会もなさそうだな…と思ったのなら、処分してしまって大丈夫と言えます。

貧乏性でどうしても処分できない…というなら、1度使用してみて使い心地などを確かめてから決定してもいいでしょう。

限定品など珍しい物の場合

実はこれも、今までのプレゼントと判断基準は同じです。これも、欲しかったものだったり、気に入っているものでないのなら「処分」「人にあげる」「売る」のどれかの対処法でOKでしょう。

勿体無い…と思ったとしても、使わないものなら意味がありません。

タンスの肥やしになっていつか忘れた頃に処分する未来を考えるなら、処分しようと考えているうちに速やかに一番いい方法で処分してしまうべきです。

自分があげたプレゼントを元彼から返された時は同じく返すのが吉!

別れた時に、自分が元彼にあげたプレゼントを返してきた…という場合は、それと同じく自分も貰ったプレゼントを元彼に返すのが吉です!

「俺は返したのにどうしてお前は返さないんだ」とか言われてトラブルになる可能性もありますし、そもそもプレゼントの処分に困っているのなら渡りに船です。

「あなたが返すなら私も返すね」と言って、返してしまいましょう!

後からトラブルにならないような取り扱いがベスト

男性は主に過去の思い出を大切にする人が多いです。処分した事を知られるとショックを受けられたり、悪い方向に受け取って勝手にキレる…なんて事もあるかもしれません。

処分しても、処分したよ!とは言わずに何も言わないのが吉です。

「あの時あげたプレゼントなんだけど…」と言われた時のために、いくつか誤魔化しのセリフを用意しておくのもいいかもしれません。


以上が、元彼から貰ったプレゼントを返すか返さないか悩んだ人に参考にして欲しいプレゼントのベストな取り扱い方です!

大切なポイントは

  • 自分の気持ちに素直になって気に入っている物は残す
  • 処分する時に躊躇しない
  • 処分した事を元彼に知られない

です。貰った物は確かに処分しづらいものです。ですが、貰った物は「あなたの物」です。あなたの所有物なので、結局どのようにするかはあなたに決定権があります。

貰ったから…とか、高いものだから…と躊躇してしまわず、要らないと思ったものは思い切って捨ててしまうのが良いと言えるでしょう。

ぜひ、今回お話した事を参考にして、悩みを解消してくださいね。

関連コンテンツユニット
【関連記事】