別れ話の切り出し方で同棲してる場合!キッカケをつくるテクニック!

同棲とは結婚前のお試し期間とよく言われてるけど、お互いの価値観を知って吉と出るか凶と出るか賭けに近い要素も大いにあるんだよね。

特に今まで一人暮らしをしていた場合、他人と暮らすことによって募る不満やストレスに段々と耐え切れなくて好きだという気持ちも薄れていってしまう。

そんな中、新しい好きな人が出来たとしたら今の彼氏と一緒に住んでいること自体が生理的に無理になってしまい、一刻も早く別れたいって気持ちが日に日に大きくなってくのよね。

ところが、一緒に住み始めると

  • 不動産の賃貸契約
  • 公共料金
  • インターネット

なども全て共有することになるのでここから切り離していく手続きだけでも非常にめんどう。

私も元彼と自然な流れで

『同棲しよう』

ということになってしばらく一緒に暮らしたことがあるの。

最初のうちは自分達にはお互い愛情があるし多少の価値観のズレなんて絶対乗り越えられるって思っていた。

しかも同棲を一旦始めたら

『そのまま結婚するんだろうな』

と結構お気楽にスタートさせてしまったの。当時はまわりで同棲も流行ってたし、そのまま結婚した友達も実際に居たし。

その後から段々と価値観が合わないってことに気づいて何とか離れなきゃって、うまく別れる方法を一生懸命考えたよ。

最初は感情に任せて無理やり物事を進めていこうとしたから結構失敗も沢山しちゃったんだよね。

色々試行錯誤してみると失敗から学ぶことは本当に沢山あったし全ての経験が自分の財産になっていったんだなって今となってはしみじみと実感してるんだ。

同棲しながらも別れを考えている女性はとても多いと思うし、抱えているストレスも半端ないってこと今の私には強く共感できるんだ。

だからこそその悩みを解決するお手伝いをぜひともさせてもらえたらって思ってる。

不安でいっぱいのあなたに私の経験から学んだ別れ話の切り出し方、同棲している場合のアドバイスを丁寧に紹介するね!

Sponsored Links

同棲している場合の別れ話の切り出し方

同棲進行中に別れを思い立ったら、すぐに彼に伝えるのはNG!それは気持ちに気づいただけで自分の中の決心は揺らぎやすい状態なの。

もし彼から説得されて強気に出られたら、あなたは絶対的な理由で同棲解消をやり遂げられるって反論できるかな?

詰めの甘さを指摘されないようにしなくっちゃいけないよね。

本当に心から別れを決めたのであれば感情はひとまず落ち着かせましょう。

タイミングをきちんと見計らって、やらなくちゃいけないことが山ほどあるから同棲解消の準備が整うまでは今まで通り振る舞ってなきゃ。

  • 彼と同棲を解消した後にどこに住むのか?
  • 自分の荷物はどれとどれをどのくらい持っていきたいのか?
  • 新しい生活に必要な予算

などもきっちり把握しておこう。

そして、もし共同生活の中で同棲のルールを設けているなら、そのルールをちゃんと守りながら計画を立てるとバッチリかも。

逆に彼がきちんとそのルールを守れているかというもはチェックしておきたいね。

しっかりとその後の計画が立てられたら彼に別れを切り出すベストタイミングになるね!

いつ同棲解消をするかはあなたのタイミングで全然OKなので、同棲解消の目途がたったら彼が帰宅した時を見計らってすぐに切り出しても大丈夫です。

ただし、お互いにお酒が入っているような時はやめたほうがいいかもしれない。

感情が高ぶって彼氏が急に怒りをぶちまけるかもしれないし、きちんとした話し合いにはならないんじゃないかなって思う。

別れを切り出すときはとにかく同棲解消の準備をしっかりと計画したあとに、きちんと向き合ってはっきりと告げましょう!

別れ話を切り出す前のお膳立て

別れ話をする前にある程度のその後の目途を立てることはおすすめしたけど、金銭的な余裕がない場合、

  • 実家に一度引き上げるか
  • 女友達の家に少しの間住まわせてもらうか

どうかきちんと決めておいたほうが良さそう。

出て行く段取りをしても行く場所が無ければ意味がないので、日程も大まかに決めておいたほうが安心だよね。

別れを切り出してからあまり長い期間彼と一緒に過ごしたくないのであれば、自分に必要な荷物で運びやすいものはあらかじめ宅急便で実家か友人宅に送ってしまってもいいかも。

彼に勘づかれたくないのであれば、衣替えが随分先のしまってある洋服類から送ると絶対にばれないと思う。

そして、彼が残ったアパートとそこを引き払うかもしれない時のことを少し考慮してあげなくっちゃね。

相手に多少多くの家具を残してあげたり、少しでも負担を少なくさせてあげるのも綺麗な別れにつながり、あなたの器の大きさが試されるというもの。

別れ話をした後の彼との過ごし方

同棲中の別れでどうにも気まずいのが、別れを告げてお互いそれに納得した後もしばらくは一緒に過ごさないといけないという点。

もはや恋人同士ではない男女の共同生活、自然と食事も別々になってしんみりした状態は続くかもしれない。

事前の準備をしっかりするのにはこのような気まずい日々をなるべく避けるという意味もあってのこと。

引っ越しの準備は着々と彼が不在の時に素早く済ませ、コストはかかるかもしれないけれど引っ越し業者を使って最短の引っ越しを心がけてね。

二人暮らしだと寝る場所も一つなので、別れてるのに同じベッドに寝るのは気持ちがない女性からしたら結構しんどいシチュエーション。

夜一緒に寝ることに抵抗を感じるのであれば寝る時だけでも友人宅へ泊めてもらえるかどうか頼んでおといいかもしれないね。

別れてからもその後何かと用事があって連絡を取らなくちゃいけない関係なのでこの時期になるべく喧嘩をしないことは心がけたい。

気を抜くとお互いもう付き合ってないからといって相手に失礼な態度を取ったり、過去のことを蒸し返して相手を責めたり、そんなみっともない過ごし方って寂しいよね。

いつかは二度と会わなくなる関係ならば、残された日々は名前のない関係だとしても良好に過ごせたらいいよね。

すっぱり別れられる方法

引っ越しの片付けをしていると、二人の思い出の品々や共有していた

  • DVD
  • 写真

などが沢山出てくるかもしれない。

同棲中の別れで時々気持ちを引っ張られるのがこういった思い出の品だったり、彼からの誕生日おめでとうのカードやお手紙など。

なんだかせっかく別れを決めたのに後ろ髪を引かれるような状態になりそう。

引っ越しのタイミングとは、不用品を思い切って処分する絶好の機会なので、メッセージカードや紙類はどんどん捨ててスッキリさせるほうがいいんじゃないかな。

それに彼氏と共有で使っていたタオルとかまた使いたいなんて思わないでしょ?そんな念の入ってそうなものはとっとと捨ててしまおう。

新しい生活を始めるなら、彼氏を思い出すような品物は絶対に残しちゃいけないし、物が減った分引っ越し代金だって節約できるかもしれないよね。

気持ちを新たに荷物は身軽にしておこう!

決着がついた後の引っ越しや荷物は

同棲しながらの別れは精神的にも肉体的にも本当に大変!

そんな大変な過程を経てとにかく彼氏と別れる方向でうまく話がまとまったら、あとは事務的な手続きが残るのみ。

新しく引っ越しするとなると、今まで共有で使用していた家具や家電もお互いに分けなくてはならないし、とにかく

『別れられるだけでいい!』

というなら家具は彼氏が必要な分は優先的に渡してあげてもいいかもね。

一番重要なのは彼氏のいない新しい生活をスタートすることなので荷物は最小限でも構わないという気持ち。

※スッキリ別れたら次の恋を探しましょう。こちらも参考にしてみてください。
結婚の縁は前世から決定してるの?運命の人に出会う為に必要な事は?

まとめ

別れ話の切り出し方で同棲してる場合!キッカケをつくるテクニック!

  • 同棲中に別れたいと気づいてもすぐに彼氏に伝えてはいけない。
  • 別れたい気持ちが固まってきたら感情的にならず、できるだけ彼氏に気づかれないようにタイミングを見計らう。
  • 次に住む部屋、とりあえずの引っ越し先や金銭的な問題を大まかに解決しておこう
  • その後の計画が立てられたら彼に別れを切り出すベストタイミング。
  • 別れた後長い期間彼と一緒に過ごしたくないのであれば、自分に必要な荷物は少しでも宅急便で実家か友人宅に送っておこう。
  • 彼のために多くの家具を残してあげたり、少しでも負担を少なくさせてあげるのも綺麗な別れにつながる。
  • 別れた後少しの期間は彼氏と気まずい共同生活を過ごす覚悟で。
  • 引っ越し前に彼氏からもらった手紙やその他捨てられるものはどんどん処分する。
  • 荷物は最小限にして身軽に出ていけるようにしよう。

同棲解消という大きな節目に女性として人間としての器量が試されるような気持だよね。

別れはいつだってストレスを伴うもので、物や思い出が大きいとそれだけでやらなきゃいけないことが山積み。

過去との決別は自分が乗り越えなきゃいけないデトックスだと思って真向から挑んでしまおう。

一緒に住んでいる男性を恋愛対象として見ることが出来なくなるのは本当に悲しいものだけど、

『新しい恋だってこれから沢山したい、女としてもっともっと輝きたい!』

そう思えるあなたは素晴らしい向上心の持ち主。

経験の一つ一つが決して無駄ではないから、この大きな一仕事を終えた後はびっくりするくらい魅力的な女性が誕生しているに違いないね。

関連コンテンツユニット
【関連記事】