告白の仕方!女子がLINEでする時のテクニック!断れない方法!

若者を中心として最近ではLINEで告白する方法が主流となりつつあり、LINEでのカップル成立率は直に会って告白をするのと変わらないといったデータも上がっています。

ですが!

やはりLINEでは直に会えない分、相手の感情を文章からでしか読み取ることが出来ない為、相手と自分との意思の相違が起こりやすくなります。

よって、LINEで告白する際には、告白が手軽な分入念な準備をしておくことが大切です。

では具体的にLINEで告白する際にどのようなことに気を付けておくべきか?告白を成功させる為のベストな方法をお教えします!

女子がLINEで告白するベストな方法

LINEで告白

女の子がLINEで告白する3つのテクニックを書きますね。

他にも色々なことがあるのですがココが肝心というところだけに絞りました。ただこの3つだけを抑えていれば大丈夫です。

  • タイミング
  • 文章の前に一言
  • 簡素に

では細かくみていきましょう。

タイミングを考える

告白においてタイミングは非常に大切です。

出会ってから相手とどの程度の月日が経ったか?や、告白をする時間帯も考えて行動しなければいけません。

心理学では、相手と出会ってから3か月程度が告白に適している時期だと言われています。それ以上経ってしまうとお互いに慣れが生じ、中々進展しない場合も。

勿論、出会ってから3か月以内でなければ成功しないというわけでは無いのですが、最近出会い相手への恋愛感情がある場合には告白の目安にして見ると良いかもしれません。

また、LINEを送るタイミングも非常に重要です。

忙しい時にLINEが来ると内容をしっかり見て貰えない可能性が高いですし、気遣いが出来ない子だと思われてしまうかもしれません。

そういった時間帯に告白をしても振られてしまう可能性が高いです。

相手の生活のタイミングを考慮し、迷惑にならない時間帯に送るのは最低限のマナーです。特にお勧めしたいのは、18時以降の告白です。

この時間帯ですと仕事も終え一息ついている頃ですのでLINEのメッセージをしっかり確認して貰える可能性が高いですし、人間の本能的にも感情的になりやすい時間帯だと言われている為、OKが出やすい時間帯とも言われています。

勿論、夜中遅くにメッセージを送るのもNGです。

相手の翌日の予定も考え、遅くとも22時までには送りましょう。

告白の文章の前に一言添える

LINEでの告白が主流になりつつあるとは言え、やはり王道は直接会って気持ちを伝えることです。LINEでの告白に抵抗が無い人も大勢いますが、その逆も勿論います。

よって、最初に相手に失礼が無い様に一言添えるのが礼儀かと思います。

最初に

「LINEでごめんなさい。」
「直接言う勇気が無く、LINEで伝えました。」

といった風な一言を添えるのがベターです。

一言添えるだけで丁寧だなという印象を相手に与えることが出来ます。

簡潔に気持ちを伝える

相手への気持ちが強く、伝えたい思いが沢山あるという人も多いでしょう。

ですが、それを全て文章に書き起こして送るのは、相手にとって迷惑がられてしまうことがあるので注意しましょう。というのも、ダラダラと長い文章は読むだけで疲れてしまいますし、面倒だなと思われてしまう場合も。

また、長い分こちらの意思がしっかり伝わっているのかというと、必ずしもそうではありません。

短く、簡潔に「好きだ」と述べた方が相手の心にダイレクトに届きやすいですし、何よりも分かりやすいです。

LINEで伝える利点

SNS

LINEで告白する利点はあがり症な人でもしっかりと相手に自分の気持ちを伝えられる点です。

顔を合わせてでは緊張してしまい、ハートが強い人でも中々気持ちをストレートに告白出来ないものですし、入念に練習していてもいざとなると言いたかった言葉をきちんと伝えられない場合も多いです。

その点LINEでは文章をしっかり考えてから送ることが出来ますし、直接会って「好き」というよりもはるかに緊張が少なくて済みます。

断れないテクニック

「やはり告白するのであれば誰でも成功させたいものですよね?」

こちらではより告白の成功率をアップさせる為の方法をお教えします!

告白を優位に進める為の前準備をする

小悪魔的なテクニックですが、相手に予め自分を意識させる為に効果が期待出来る方法がこちらです。

その方法とは、LINEで毎日決まった時間に連絡を取り、それを告白前にピタっと辞めるという方法です。

具体的には「今日はお疲れ様、ゆっくり休んでね。おやすみなさい。」といった風な相手が送られても困らない内容のメッセージ(返事が必要無い内容のもの)を送り続けます。

勿論、こちらも夜の22時程度までの相手の迷惑にならない時間帯を選んで送ります。

毎日来ていたメールがピタっと止めば、最初は気が無かった相手だとしてもどうしても気になってしまうものです。自分のことを意識してくれているタイミングで告白をすることでOKして貰える確率がアップします。

絵文字や顔文字は使わずに「本気」をアピール

告白をする際には、文章は敬語で、絵文字や顔文字は使わない様にしましょう。

というのも、いつもの自分とは少し違う!「本気」であることを相手に意識させたいからです。

文章で伝える為、いつもの様に可愛く顔文字、絵文字を使って送ってしまっては、相手に冗談だと思われてしまう可能性が高いです。

いつも冗談を言い合う様な仲だとしても敬語で好きという気持ちを伝えることで相手に真剣さを伝えることが出来、冗談として交わされてしまうことを防げます。

返事を急かさない

自分の気持ちを伝えると、どうしても相手の気持ちを確認したくなるものです。

ですが!良い返事を貰う為にもここはグッと我慢しましょう!

特にLINEは直接会って話を聞くよりもハードルが低い為、ついつい「返事を聞きたい」と送ってしまいそうになります。

最初はそういう気が無くとも、じっくり考えることで付き合って見ても良いかな?と考えが変わる場合がありますし、何より誰でも急かされるのは嫌ですよね?

告白したらあとは待つだけ!

くれぐれも急かして相手のストレスになることは避けましょう。

テクニックを使って付き合うのは問題ない?

LINEでの告白ではテクニックを駆使することで最初はあまり自分に興味が無かった相手だとしても上手に誘導して成功を勝ち取ることも夢ではありません。

ですが、「そうして勝ち取った成功は実際に付き合って見るとあまり長続きしないのでは?」なんて不安に駆られる人もいます。その点はあなたの頑張り次第です!

今のご時世です。LINEで告白して結婚にまで至ったカップルは数えきれないことでしょう。

LINEはあなたに興味を持って貰う為の手段に過ぎません。それからが本当に大切なのです。

OKして貰ったからといってすぐに気を抜かないことです。

相手への気遣いを忘れず、相手のことを思いやる気持ちを持ち続けることが大切です。

また、テクニックを使って告白したから自信が無いといって相手に極度に依存してしまうのも避けたいところです。

好きだから繋ぎとめて置きたいと思うのは当然ですが、不安のあまり過度の連絡を取ったり、会いたいアピールをするのは彼にとってストレスに繋がり兼ねません。

相手にとってストレスに感じてしまう恋愛は長続きしません。LINEでテクニックを使って成功したとは言え、あなたに興味が無ければOKしません。

その点自信を持ち、これからが本番だと思ってより自分を磨きましょう!

もし振られた時の次の一手

テクニックを駆使したとしても、振られてしまう可能性も勿論あります。

辛いことですが、こればっかりは相手にも思うところがあるはずですので仕方がありません。

振られてしまって悲しい気持ちがこみ上げ

「どうしてダメなのか?」

相手を繋ぎとめておきたいがあまり

「それでは友達関係に戻れないか?」

といった文章を送ってしまいそうになるかもしれません。

ですが、そこは一息ついてよく考えましょう!

振るということも簡単ではありません。相手はきっと罪悪感でいっぱいだったり、これからの関係について不安に思っているはずです。

そこで問い詰めてしまったり、その話題をズルズルと引き延ばしてしまっては相手も嫌気を指してしまいます。

告白された相手にまた友達に戻れないか?と聞かれてすぐに「いいよ」と答えられる人もまた少ないでしょう。

どちらにせよ関係がギクシャクしてしまうことは目に見えています。

よって最善策は、一旦距離を置くことです。

お互いに取って冷却期間が必要です。

こちらもヒートアップした感情を抑える必要がありますし、相手も少し距離を置くことで罪悪感や不安を緩和することが出来ます。

期間にして1か月程度は見たいところです。

相手との関係により、ぎこちなさが感じられなくなる程度まで数か月程度様子を見ましょう。そして、まだ彼のことが好きなのであれば、もう1度頑張って見るというのもアリです!

というのも、相手は自分が好意を持っているということを知っている為、以前と同様の関係に戻れたとしてもやはりどこか見る目は変わるはずです!

最初は友人であった時の以前と変わらないメールを送る等して再び良い友人関係を構築することに尽くしましょう!

そして、良い関係が築けて来たのであればそこでどこか「女」を感じさせたり、以前とは違う自分を見せることで相手にアプローチをしてみましょう。

十分に関係が取り戻せて、良い関係が築けたと思った際に再びアプローチすると意外とすんなりOKが貰えるということも珍しくありません。

振られて終わり!では無く、好きなのであればもう少し頑張って見るのもアリです!


LINEでの告白はテクニックと思いやりが大切です。

  • 告白する為の前準備
  • 本気度をアピールする
  • タイミングを考える

といったことに気を付け、上手に恋の駆け引きを行いましょう!

LINEのテクニックだけでなく、長続きさせたり、再アプローチの為に自分磨きをすることも忘れずに!

Social Service Site

関連コンテンツユニット