元彼を思い出した!20年前なのに!連絡をして会うのはアリ?

あなたなら恋愛の延長線上に結婚を考えますか?それとも恋愛と結婚は別だから付き合っていた彼氏とは別れて、別の人と結婚しますか?

もし、あなたが恋愛の延長線上に結婚を考えるタイプなら、好きで付き合っていた人と結婚しているので、昔好きだった元彼のことが気になって会いたくなるということはありませんよね。

しかし、嫌いでもないのに別れて別の人と結婚したという場合はそういうわけにいきません。

今回は、今の旦那と結婚して20年も経つのに、元彼のことが気になる場合、連絡を取って会ってもいいのかどうかについて考えてみます。

Sponsored Links

20年前の元彼を思い出したら会うべきか?!

はっきり言って、20年前の元彼を思い出し、気になったからといって連絡を取って会うなんてありえません

理由は、20年前の彼氏と現在の彼氏は別人だからです。思い出は美化されて記憶に残ります。でも現実は違います。

彼氏のルックスもさることながら、お互いに配偶者や子供がいて、何よりも大切にしなければならない家庭があります。

たまたまどこかで偶然出くわしたとしても昔と今のギャップにお互い驚くはずです。

私なら見かけても声はかけませんね。気まずい思いをするだけなので。

美しい思い出はそのままに、元彼が幸せであることを心から願いつつ自分は自分で生きて行くだけです。

今、幸せですか?心を整理して本当の気持ちをみつめよう

20年も経った今、なぜあなたは元彼に会いたくなったのですか?そこにはきっと何か理由があるはずです。

今の旦那に不平不満がなければ何も好き好んで20年前の彼氏と連絡を取りたいなどと思わないはずです。

今の旦那との関係に幸せを感じることができないから昔味わった幸せをもう1度味わってみたいと思ったのだとしたら、今の旦那との関係を修復するのが先です。

旦那の嫌なところばかりが目について仕方がない時に、ちょっとでも自分に優しい言葉をかけてくれる男性が現れたりすると、それだけで女性は胸がキュン!としてしまうものです。

でも旦那との関係においてもそういう時期はあったはずです。あなたが旦那といて幸せに感じていた時期を思い出してみることも必要です。

嫌だからといって、満足のいかない現実から逃れて元彼を探したところであなたが幸せになる努力をしないのであれば相手が誰に代わろうと同じことの繰り返しです。

元彼と会って感激するのは、過去を振り返って美しい思い出に浸ることができるからです
でも現実は違います。

元彼の奥さんに会って話を聞けば奥さん同士で同じような旦那に対する不平不満が口をついて出てくるでしょう。

あなたが今いる場所で幸せを感じながら生きていけるかどうかは、自分が何を見て生きていくかで変わるのです。

旦那の良いところを見ながら生きていきましょう。

あなたは過去に生きているのではなく現在に生きているのです。過去の元彼も現在の旦那もどちらも手放せないというのは、あなたの我がままです。

過去に別れを告げて、今ある幸せに気づくべきです。

ネット社会万歳!検索すれば容易くみつけられます

20年前の元彼を探そうと思ったらfacebookでつながることもできます。

実際にfacebookで元彼を見つけて友達申請したら連絡がきたという人もいます。

その女性は子持ちのバツイチで元彼は既婚者です。元彼が結婚する時に、恋愛相手の女性ではなく幼馴染みの女性を選んで結婚したのです。

2人共思いを引きずったままそれぞれ別の家庭を築きました。

自分達の気持ちに正直に従わずに別の相手と結婚してしまったため、facebookがきっかけで再会した時やけぼっくいに火がついてしまったのです。

幼馴染みを選んで結婚した男性は、2人の女性を弄んでいるとしか思えませんし、他人の迷惑を顧みず自分達の思いを優先させてしまうなんて、どちらも自分勝手ですよね。

あなたが元彼の幸せを真剣に考えているのなら自分から連絡を取ることなどできないはずです。

独身の時なら元サヤですみますが、お互い既婚者の場合は、facebookで探すことすら理性を持って思いとどまるべきです。

連絡は簡単でも線引きは難しい!大人の節度を保って

前述したように、今はどこにいるのかわからないような昔の元彼でも探すのは簡単です。

昔なら連絡ツールが電話や電報くらいしかなかったし、家族が聞いていたり見てしまう恐れがあったのでブレーキもきいたのですが、今は携帯やスマホをチェックしないかぎり誰と連絡を取り合っているのかなんてすぐにはわかりませんよね。

目の届かないところで簡単に連絡を取り合うことができてしまうために、ブレーキがきかなくなって感情が盛り上がり、会話がエスカレートして気がついたら会っていたなんていうことにもなりかねません。

大人なんだからそんなことにはなりませんと言い切れますか?

あなたが元彼を探している時点で昔の恋愛関係に戻れることを心密かに期待しているとしか思えません。

元彼は元彼で自分がまだあなたに思われていると知ったら嫌な気持ちはしないでしょう。

冷静にあなたを諭して旦那の元に返してくれると思いますか?

そこまで理性が働く元彼なら既にメールアドレスが変わっていたり、SNSなどのリストからあなたを外しているはずです。

男女の関係にあった者同士が20年経ったからといって、連絡を取り合うのは大人にあるまじき行為です。

自分達が連絡を取り合うことで傷つく人がいるということを肝に銘じて、きちんと線引きをしましょう。

一瞬で壊れることもある!お互いの人生を尊重しましょう

あなたが会いたいからといって、昔好きだった元彼に会えば同じようなことが起きたとしても不思議ではありませんよね。
既婚者でありながら昔好きだった人と会うということは、配偶者を傷つけ、最悪の場合離婚を覚悟しなければならないということなのです。

それでもどうしても元カレが忘れれない場合は
元彼が忘れられない!既婚後に悩める気持ちをふっきる方法!

20年前の元彼のことを思い出したら連絡をして会ってもいいのかについてまとめてみました。

答えはNoです。

理由は、お互い大切にすべき家庭があるからです一番大事にしなければならない旦那や子供を傷つけてはいけません

記憶の中で美化された元彼に会いたいと思うより現実の旦那の良さを見つける努力をしましょう。

自分だけが幸せになろうとするのではなく、家族みんなで幸せになれるように取り組んでいくべきです。

旦那の良いところを見つめながら今ある幸せに気づけるといいですね。

Social Service Site

Follow!

関連コンテンツユニット
【関連記事】