結婚したら扶養に入らないといけない?扶養のメリットとデメリット!

結婚すると夫の扶養に入るとか扶養家族という言葉をよく聞くようになります。親に養われている間は親の扶養家族だったわけですが、あまり親から

娘に扶養のこと説明する母親「あなたは私達の扶養家族なのよ」

などと言われたりしないので聞きなれない言葉かもしれません。

でも、いざ結婚して夫に養われることになると、親の扶養家族から夫の扶養家族に変わるわけです。そうなって初めて「扶養」という言葉を耳にしたという人も多いでしょう。

結婚したらみんな夫の扶養になるのでしょうか。

夫の扶養に入れる条件や入った場合のメリットとデメリットは?扶養に入らない場合はどうなるの?など、扶養について書いてみるので参考にしてみて下さい。

Sponsored Links


結婚したら夫の扶養に入らないといけないのか?

これから家族になる新郎新婦

結論から言うと結婚したからといって、夫の扶養に入らないといけないということはありません

親の元に生まれてから自分で稼げるようになるまでの間は収入もなく、自立して1人で生きていけないので親の扶養家族にならざるを得ません。

ですが、就職して働いている場合、既に親の扶養からは外されています。親の扶養から外され自分の収入で生活してきた者同士が結婚するのです。

今まで通りお互いに仕事を続けていくのであれば、わざわざ夫の扶養になる必要はないのです。夫の扶養に入るか入らないかは、あなたの収入次第なのです。

扶養とは何か

扶養とは、人に生活費の面倒を見てもらい養ってもらっている状態のことを言います。

例えば、前述したように収入のない子供や専業主婦のことです。主婦と言っても自立できるほど収入のある人に扶養は適応されません。

ですが、ちょっとしたパートやアルバイトのように、自立できるほどではないけれどお小遣い稼ぎ程度に働いているという主婦は、夫の扶養に入ることができます。

では、夫の扶養に入れるかどうかはどこで決まるのでしょう。まず扶養には2種類の扶養があります。

「保険の扶養」と「所得税法の扶養」です。この2つの扶養に入るには、夫の扶養に入れる限度額が定められています。

詳しくは後述しますね。

夫の扶養に入れる条件は

働く主婦

前述した2つの扶養を受けるにはそれぞれ条件あります。

あなたの年収見込みが130万円未満(通勤手当を含む)で、夫から生活費の保護を受けている場合、健康保険料の支払いが不要になります。これが 『保険の扶養』 です。

そして、あなたの年間の合計所得金額が38万円以下である(給与所得でいうと、1月~12月の1年間の給与収入が103万円以下)場合、夫の扶養に入ることができ、所得税も安くなります。これが 『所得税法の扶養』 です。

この2つの金額を超えないように気をつけて、パートやアルバイトをするのであれば働いていても夫の扶養に入ることはできます。

扶養に入るメリットとデメリット

共働きのままで行くのなら、あなたと夫のお給料から今まで通り保険料や年金を納めるだけなので扶養について考える必要はありません。

夫の扶養に入る必要があるのは、結婚を機に仕事を辞めて専業主婦になる人や、主婦をしながらパートやアルバイトで自立はできないけれど小遣いを稼ぎたいと思っている人です。

夫の扶養に入る場合、メリットはありますがデメリットはありません。

では、メリットを書いてみますね。

所得税でのメリット

妻の年収が103万円(通勤手当を含まない)以下なら、夫の所得税で扶養配偶者控除が使えので所得税が安くなる。

社会保険でのメリット

通勤手当を含む妻の年収が130万円未満なら、妻は夫の会社の健康保険の被扶養者になれることによって国民年金の第3号被保険者になれる。

従って、妻の健康保険料、国民年金保険料は払う必要がない。ただし、妻が妻の会社で社会保険に加入するときは別。

家族手当

夫の会社の給与規定により家族手当がもらえる。結婚を機に仕事を辞めて専業主婦になる人はもちろんですが、パートやアルバイトでお小遣いを稼ぎたい人も、上手に稼いで夫の扶養に入れてもらいましょう。

扶養に入らないならガッツリ働こう!

バリバリの働く既婚女性

我が家の場合、デキ婚でしかも学生結婚だったので当時会社を経営していた私の父のところに夫は就職しました。

私は大学も父の手伝いも辞め、子育てに専念したかったので専業主婦になり、夫は通っていた大学を中退してサラリーマンになりました。

結婚した時から私は専業主婦で夫の扶養に入っていました。お金に不自由したことはありませんでした。

そして今、過去を振り返ってみると子供を育てながら夫の扶養家族として、わずかではあるけれど小遣い程度の収入を稼ぎながら何不自由なく生活してきました。

それが私の幸せの形だったのです。

※専業主婦になった場合、自分が欲しいものやしたい事などがどうすればいいのかはコチラの記事で詳しく書いてます。
専業主婦はお小遣いないのが当たり前?欲しい物はどうやって買うの?

夫の扶養に入らなくても自立していけるくらい稼げる奥さんもいるでしょう。

自分がやりたい仕事について、財布も夫婦で別にして生活費をお互い出し合って暮らしていけば残ったお金は全て自分の好きに使えるはずです。

使わず貯金したいのであれば貯金もできます。夫婦で財布を別にしている人の中には、夫と妻で同じくらい稼いでいるという人もいます。ずっと夫の扶養に入ってきた私からすれば

「すごい!」

としか言いようがありません。

つまり、自分1人でも生活して行けるほど奥さんにガッツり稼ぎがあるのであれば、夫の扶養に入る必要はないのです。

※共働きの場合はそれぞれの収入をどう扱うべきか迷うと思います。生活費を別財布にする場合はコチラの記事で詳しく書いてます。
夫婦の生活費は別財布の場合どう分担する?別財布でうまくやるコツ!

結婚したら扶養に入らないといけないのかについてまとめてみます。

親の扶養から外れていて、自分の稼ぎで生活しているのであれば結婚したからといって夫の扶養に入る必要はありません。そのまま共働きという形で結婚生活を続けていけばいいだけです。

但し、結婚を機にあなたが仕事を辞めて専業主婦になるというのであれば夫の扶養に入る必要があります。

また、あなたがパートやアルバイトで稼いでいたとしても、収入によっては夫の扶養に入らなければならない場合があります。

夫の扶養に入ってもデメリットはありませんし、入らなければ入らないで、入る必要がないくらい妻に収入があるということです。

扶養制度を夫婦でよく理解した上で、結婚生活を送ってみて下さい。

Sponsored Links

この記事をお届けした
恋なやの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

Social Service Site

Follow!

関連コンテンツユニット
【関連記事】