同棲を始めるとき挨拶は必要?親に反対された場合の対処法も!

彼氏との付き合いが長くなればなるほど、結婚を意識するようになりますよね。でも、あなたのように結婚する前に1度同棲してみて、結婚をシミュレーションしてみたいと思う人もいるでしょう。

親に婚約や結婚の挨拶に行くことってありますよね。でも、同棲の場合は、結婚する前にあなたと彼氏が一緒に暮らすということなので、親への挨拶も気を使わなければなりません。

あなたの印象が悪くならないようにしなければ、結婚に差し支えます。

今回は、親のところへ挨拶に行く前に彼氏と話し合うべきことや挨拶するときのマナー、親に同棲を反対された場合の対処法について書いてみます。

Sponsored Links

同棲を始めるとき親への挨拶は必要か

同棲は、あなたの親にとって不安であると同時に心配事なのです。親の不安や心配を取り除いてあげるためにも、同棲を始めるのであればその前に2人で親のところへ挨拶に出かけましょう。

同棲が結婚を前提としたものであってもなくてもです。あなたの彼氏がどのような人なのかがわかれば、親は安心することができます。

しかし、もし、あなた達2人が親に挨拶もせずに同棲を始めてしまえば、親はあなたの彼氏に対して不信感を抱くでしょう。

不信感を抱かれてしまうと、同棲後に結婚することになったとしても、拭い去れないわだかまりができて、関係がギクシャクしてしまいます。あなたの親と彼氏との関係を良好に保つためにも親への挨拶は欠かせないのです。

親が挨拶にくることを拒絶していて、どうしても挨拶ができない場合は、あなたが親に同棲することを伝えてあげましょう。

Sponsored Link

結婚前提の同棲なら親に挨拶するべき!

結婚前提の同棲だと、同棲後に結婚を控えていることになります。

もし、同棲を軽く見ていて親に知らせず、後になって親の知るところとなった場合、あなたの印象も彼氏の印象も悪くなってしまいますよね。

同棲の段階で親の印象が悪いと、結婚に差し支えます。最悪の場合、結婚を反対される可能性も出てきてしまいます。

結婚前提で同棲する場合は、必ず親に挨拶に行きましょう。「結婚を前提に同棲させて下さい」と正直に伝えるのです。

彼氏をあなたの親に会わせれば、親は彼氏がどんな人なのか知ることができるので安心できます。親に祝福されて結婚するためにも、同棲する際の挨拶はきちんとしておきましょう。

挨拶する前に彼氏と話し合うべきこと

親に挨拶する前に、彼氏と話し合うべきことについて、箇条書きにしてみます。

なぜ同棲しようと思ったのか

2人の意見を一致させておかないと親の前でもめることにもなりかねません。同棲しようと思った理由は、親が一番知りたいことです。きちんと説明できるようにしておきましょう。

同棲する場所をどこにするのか

住む場所ははっきりさせておかないと親に心配をかけることになります。親を不安にさせないためにも、住む場所ははっきりさせておきましょう。

生活費はどうするのか

2人のどちらかに借金がないかとか生活費の負担をどうするかなども親が知りたいことの1つです。質問されたら答えられるようにしておきましょう。

どれくらいの期間同棲生活を続けるのか

いつまで同棲生活を続けるつもりなのかも親は気になります。いい加減な気持ちでダラダラと続けられても困るので、その点ははっきりさせておきましょう。

結婚を前提に同棲をするのか

結婚が前提だと知れば親は安心します。もし、結婚が前提なのであればそのように伝えて安心させてあげましょう。

箇条書きしたように、親がどのような質問をしてくるかシミュレーションして、答えられるようにしておきましょう。

できるだけ綿密に彼氏と打ち合わせをして、お互いの考えや気持ちにズレがないようにしておかないと親を不安にさせてしまいます。彼氏とよく話し合って、親から了解を得られるように頑張ってみて下さい。

挨拶するときのマナー

挨拶するときのマナーについて箇条書きにしてみます。

服装やメイクは派手すぎない

清楚な装いの方が親の評価は高くなります。

手土産は持っていく

2,000円前後で大丈夫です。

下を向いてモジモジしない

下を向いてモジモジしていると、頼りなく見えて印象が悪くなってしまいます。

目を見てはっきりと聞こえるように話す

同棲という言葉を使わないようにする

同棲ではなく「一緒に暮らす」や「2人で暮らす」という言葉を使う。

お父さん、お母さんと言わない

言うのであれば〇〇さんのお父さん(お母さん)と言う。

彼氏を愛称で呼ばない

〇〇さんのように、下の名前で呼ぶ。

同棲の段階では、まだあなたは彼氏と結婚したわけではないので、一線を越えて親に近づき過ぎる親しげな言動はNGです。きちんと礼儀正しく挨拶をして、親と良い関係を築いて下さい。

親に反対された場合の対処法

同棲を親に反対された場合の対処法について書いてみます。

に反対されたら反論せずにおとなしく引き下がりましょう。後日、日を改めて挨拶に出かけるか冷却期間を持ちましょう。

中には世間体を気にして、挨拶に来て欲しくないという親もいます。いろいろな考えの親がいるので、親の気持ちや考えを尊重して、挨拶に行くか行かないかは、彼氏と相談して決めましょう。

最悪の場合、反対されたまま同棲することになるかもしれません。そうなった時のことも考えて、覚悟を決めておきましょう。


同棲を始めるとき親への挨拶は必要なのかまとめてみます。

同棲を始める時、結婚が前提であってもそうでなくても、親への挨拶は必要です。

同棲という言葉が親に与える印象は決して良くありません。だから、前述したように、挨拶に来て欲しくないという親もいるのです。

結婚が前提であれば同棲を許す親もいるでしょう。あなたと彼氏の親があなた達2人のことをどのように見てくれているのかによって、同棲できるかできないかは決まるのです。

2人の印象がどちらの親の目にも良く映って、同棲を認めてもらえるといいですね。

関連コンテンツユニット
【関連記事】