初デート…「雨が降るから中止しよ」彼の本心は?私は会いたいのに!

あこがれの彼との初デート。とっても楽しみにしてたのに、「明日は雨みたいだね。会うのは中止しよう。」という彼からのLINE…!

そんな時ってとってもショックですよね。私たち女性にとって、デートは「おいしいご飯や素敵な夜景」以上に大好きな彼とゆっくり過ごし、親密さを深めるチャンス。

ましてや初デートです。その期待やドキドキは並大抵のものではありませんよね。

それを「雨だから」って中止なんて…?雨だって会いたければ会いに行っちゃうのが恋じゃないの?!彼、本当は私のことそんなに本気じゃなかったりするのかな…?

気になって心の雨雲も晴れないあなたのために、男性心理をお教えします!

Sponsored Links

初デートなのに…「雨だから中止しよ」の彼の本心は?

せっかくのデートの機会を「雨だから」とキャンセルされたからと言って、彼があなたに興味がなくなった、嫌いになったと思うのは性急です。

なぜなら、初デート前=お互いをまだよく知らない状態。相手の思考パターンや好みなど、まだ分からない部分がたくさんありますよね。

彼はあなたが雨に濡れるのを嫌がるかな、と心配してこのような申し出をしてきたのかもしれませんし、雨の日は女性をデートに連れて行かないのが常識だ、という思い込みがある人なのかもしれません。

初デートの際には、彼もあなたのことをよく知らないので、ついつい独りよがりな気遣いをしてしまうこともあるのです。

つまり、初デートに関しては人それぞれの価値観があり、「初デートが雨だからと言ってキャンセルされた」ことは必ずしもネガティブな出来事ではありません!

ひとまず落ち着いてくださいね。以下に男性の考え方やLINEの文面なども紹介しますので、それらも照らしあわせ、総合的に考えてみてください。

Sponsored Link

初デートへ込める思い。男と女でこんなに違う

まず、「初デート」というものに対する心構えが男と女では結構違っています。

ポイントは、結構男性は「見栄っ張り・かっこつけたがり」な生き物だということ。好きな女の子にはいいところを見せたいな~と思っています。

私たち女性は、初デート=可愛い・きれいな自分を見せること、にはかなり気を遣いますが、それ以外はわりと自然体で楽しく過ごしたい、という気持ちが大きいですよね。

普段の彼ってどんななのかな?このデートで初めてそれが分かるんだな、わくわく、という感じに。

ところが、男性の場合は人によって程度の差はあるものの、初デートは「がんばりどころ」なのです。彼女とちゃんとデートできるかな?満足させられるかな?ととっても気にしています。

前日まで一生懸命ネットを調べたりお店を探したり、デートプランを練っているのです。

それなのに、天候が雨で彼女が困るかもしれないのはやっぱりマイナス条件。完璧主義の彼なら、天候のせいで「彼女を楽しませられないな」と思ったら、デートを延期することはありえることです。

彼のメール、LINEから読み取る本音

雨だからと初デートも中止しちゃうような男性は私に本気じゃないんだ…と思ってしまう前に、彼のLINEをもう一度読み返してみましょう。

彼のあなたへの本気度はそこにあらわれます。せっかくの初デートをキャンセルした彼の本心を文面から判断するポイントをあげてみます。

あなたとの関係に前向きな場合

あなたと仲良くなることに前向きな彼だったら、まず間違いなく代案をだしてきます。

  • 明日は雨みたいだね。会うのは中止しよう。晴れた日に改めて行きませんか?
  • 明日は雨みたいだね。会うのは中止しよう。申し訳ないけど、○月○日はどうかな?

など、文面が一見そっけなくても「機会を改めたい」という彼からの意志が見えれば脈ありです。

気がない女性に対して男性が「提案する」ということはほとんどありません。初デートをキャンセルしたのは本当に「雨が嫌」だったから。

あなたと仲良くなりたいという気持ちはあります。

約束をキャンセルしたことを悪いな、と思っているので、その後の返信も比較的早くしてくれるのが特徴です。

ちょっと逃げ腰なのかも…注意するべき場合

心配なのはその逆で、断るだけ断って代案を出さない、あなたの返信に返信がない、というような場合です。

  • 明日は雨みたいだね。会うのは中止にしませんか?
  • (その後あなたが返信しても未読スルー・既読スルー)

こういう場合は、正直あなたやデートのことを考えるのがおっくうになっている可能性があります。

気分が乗らなくなったり面倒になったりした場合、男性はコミュニケーションを遮断しようとする傾向があります。

だから、初デートもキャンセルしてしまうし、中止しようというLINEを一旦送った後は、あなたが返信しても反応がにぶかったりします。

この場合の「雨だから」は体のいい口実。残念だけれど、今すぐ彼との仲を進展させるタイミングではないでしょう。

「中止しよう」にどう返信したらいい?

せっかくこの日のために時間をあけて、念入りに準備をしてたのに!と怒りが湧くかもしれません。

でも、自分にとっての常識だけで勝手に想像し、ネガティブを暴走させないようにだけ注意してください。彼の態度別に、ベストな返信例をあげてみます。

前向きな彼には

「明日楽しみだったんだけどなぁ。残念!じゃあ次の機会を楽しみにしてるね。次も雨が降ったら××水族館とか行こうよ。○○君は雨の日外に出るのは嫌い?」

前述のように、彼はあなたに興味がないとか嫌いになったというわけではありません。変に遠慮して会話を終わらせるのはもったいないです!

さらりと「残念」と伝え、自分は雨が降っても会いたいと思っていること、彼が雨でキャンセルしたのは何故かをさりげなく聞いてみましょう。お互いの考え方を理解するチャンスです!

逃げ腰な彼には

逃げ腰の彼は言葉が少ない場合も多く、あなたも納得できないことが多いでしょうから、一度試しにこのように聞いてみましょう。

「えっ、すっかりそのつもりで準備してたよー!」

言葉足らずの彼でも、もし気があるならここで代案を出したりフォローをしたりしてくれるはずです。もしそれがないならば、このようにだけ送ります。

「明日楽しみだったんだけど残念だなぁ。でも、しかたないよね。次の機会を楽しみにしてるね!」

逃げ腰だと感じる彼には、疑問文をたたみかけたり会話を無理に引っ張ろうとするのは好ましくありません。

男性は、自分が乗り気でないときに女性からぐいぐい来られると引いてしまいます。彼の熱量に合わせた文章で返しましょう。

そして自分からちょっと引いてみるのです。そのほうが、彼がまたあなたを思い出した時、再びお誘いがくる確率が高まります。

素直に気持ちを伝えることのすすめ

どちらのケースでも「会えなくて残念」ということを軽く伝えることが大切です。「予定の連絡」だけがコミュニケーションなのではありません。「心のやり取り」こそがコミュニケーションなのです!

彼になにか提案された時、それが自分にとって悲しいものや理解できないものでも彼を怒らせるのを恐れてとにかく「わかった。」と言ってしまっていませんか?それでは彼もあなたの考えが分かりません。

あなたの「悲しい、残念」という気持ちは、素直に伝えて大丈夫なんですよ。それが分かったら、彼もあなたを悲しませない方法を考えるようになります。雨の日でも楽しめるデートを考えてくれるでしょう。

雨でも楽しい初デートにするアイデア

雨の日でも楽しいデートはできますよね。雨の日だって彼に会いたい!ということを伝え、彼もそれならあなたに会おう、と言ってくれたなら、雨の日でも、いや雨だからこその素敵なデートをしちゃいましょう。

例えば、カフェに行って窓際の席でゆっくりしたり、いつもは人が大勢いる公園に行って、人気のない道を少し散歩をしてみたり。落ち着いた、和やかな時間がすごせると思います。雨の音にはリクラゼーション効果があるんですよ。


自分の期待とは正反対のことを彼氏が言い出したら、だれでも不安やショックを感じますよね。

でも、それは必ずしもネガティブなものではないということを心に留め、冷静に彼の気持ちを考えていただければと思います。

  • 「初デートを中止にしよう」というのは彼なりの気遣いの可能性がある
  • 男は初デートで彼女を楽しませたいという思いが強く、そのために悪条件の日を避けることがある
  • キャンセルをされても、代替案を出してくれる彼なら脈あり
  • 初デート前はお互いの思考パターンが分からない状態。積極的に「気持ち」を伝え、お互いの考え方を理解していこう

雨の日でも彼に会えればそれだけで嬉しい!というあなたの真心が彼に伝わり、たくさん楽しい時間を過ごせるといいですね。

関連コンテンツユニット
【関連記事】