結婚しろと親がうるさい場合の対処法は?親を黙らせるには!


多様な生き方が認められるようになったとはいえ、日本の女性はまだまだ女性としての役割を強く求められています。

30代にもなると「結婚しないの?」と言われ、結婚すれば「子どもはまだ?」、1人目が生まれれば「兄弟がいた方がいいよ」。

「もう好きにさせて!」と言いたくなってしまいますね。あなたの人生はあなたのが決めるもので、女性の幸せは結婚がすべてではないことは明らかです。

しかし、結婚後女性には妊娠、出産、育児が待っています。親は娘が遅かれ早かれ結婚すれば子供を妊娠し、産み育てなければならないということがわかっているのです。

妊娠、出産にはリスクを伴います。一般的にそのリスクをなるべく減らせる子宮が若いうちに子供をもうけるのがベストだと言われているから親は娘に早い結婚を望むのです。

もちろん親の中には世間体を気にする親もいます。そういう親の場合は、いつまでも娘が売れ残っていると世間体が悪いと人の目を気にしているのです。

どちらにせよ結婚に固執する親にはどのような対処をしたらよいのか、対処法を書いてみます。

結婚しろと親がうるさい場合の対処法は?

いつの時代でも「うるさい親」と言うのは厄介なものですが、もうあなたも大人です。

子どもの頃のように感情的に反論するのではなく、落ち着いて対応しなければなりません。

親がなぜあなたの結婚を心配するのか、その理由を理解することから始めましょう。親の気持ちを汲むことができれば、感情的になることもなくなるからです。

但し、親の気持ちを汲んだだけでは親の心配は解消されません。

親がうるさく結婚のことをあなたに言うのは心配しているからですよね。

あなたが親の心配を取り除いてあげられれば親も安心するので少しはうるさく言わなくなるでしょう。

結婚をそんなに心配する必要はないのだということを親に伝えるためにはどのような方法があるのか、またどうしても心配する親にはどのように対処すればいいのか後述してみます。

自分の意見をはっきりさせておく

まず結婚に関するあなたの意見をはっきりさせておきましょう。

結婚は考えていないのか、いつかはするつもりだが今ではないのか、それともできるなら今結婚したいのかなど人によっていろいろな意見や考えを持っているはずです。

でも、その意見や考えをあなたの親は知りません。知らないから不安になり、あなたのために親にできることを必死で見つけようとするのです。

そして、必死で見つけた答えが娘に結婚を勧めることだったのです。前述したように、人は先が見えてこないと不安に駆られます。

不安に駆られると人は不安が現実のものにならないようにと先手を打ち始めるのです。

あなたの親の場合、それが「結婚はどうするの?」という問いかけに表れています。それがあなたの親が打った先手なのです。

その問いかけをやめさせるためには、あなたが結婚に対してどのような考えを持っているのか、あなたの明るい未来が感じられるような話を聞かせてあげる必要があります。

あなたがそうやって親の不安を取り除いてあげるより他に、親の不安を取り除く手立てはないので、結婚に対するあなたの意見をきちんと親に伝えてあげて下さい。

親に説明する

「結婚しないの?」という問いかけに曖昧に答えてばかりでは、親に「あの子は真剣に考えていない」と思われても仕方ありません。きちんと向き合って、あなたの意見を親に説明しましょう。

どんな意見を持っているにしても真剣に考えたことであれば、普通の親ならきちんと耳を傾けてくれます。

また、真剣に考えているのだということがわかるだけでも親は安心するものです。

ところが結婚について明らかに真剣に考えていないことがバレてしまうと親は心配になって、「結婚はどうするの?」と自分が問いかけた時だけもあなたが結婚について考えるように仕向けてきます。

つまり、「結婚はどうするの?」と親からしつこく問われるのは、あなたのいい加減な態度や考え方が親を不安にさせたからなのです。

であれば答えは1つです。「私なりにしっかり考えている」ということを親にきちんと説明しましょう。

親と距離を取る

親の中には子どもの意見を聞かずに自分の思い通りにさせようとする人もいます。いわゆるいつまでも子供を自分の思い通りに支配していこうとするタイプの親です。

そうなると結婚のことだけに限らずありとあらゆる面で口を挟んでくるでしょう。

自分が敷いたレールから少しでもはずれようものなら、無理矢理にでも元に戻そうとするはずです。

結婚をするかしないか、誰と結婚するかはあなた自身が決めることです。

結婚に対して考えていることがあるのであれば、親にわかってもらえるまで徹底的に話すべきです。

しかし、あなたが真剣に考えたことを聞こうとしてくれないような親であれば、親と物理的に距離を取るしかありません。

実家に同居しているようであれば1人暮らしを始めるのも1つの手です。

しつこく電話がかかってくるようなら留守電にしておいて時々無視したり、電話に出る回数を調節しましょう。

1人で暮らすだけの経済力があって親の扶養から外れているのなら、あなたが親の言いなりになる必要はありません。

自分で決めた人生を謳歌する環境を自分の手でつかんでください。

どうして親は子供に結婚してほしいの?

親が子どもに結婚を望む理由はいろいろあります。世間体を気にする人もいるし、妊娠出産のことを心配する親もいます。

また、早く結婚して子供をもうければ後になって楽ができることも親は知っているからです。

しかし、今の世の中女性が活躍できる場が増えてきたこともあって、女性の幸せは結婚が全てではありませんよね。

仕事と結婚を両立するという選択肢もありますし、結婚せずに仕事一筋で生きて行くという選択肢もあります。

結婚をして幸せな人生を歩んできた親ならたとえそれが自分の経験を下地にした主観的な意見であったとしても、やはり結婚をすすめるでしょう。

親世代が20代、30代だったころは今よりもっと差別意識が強く、女性は結婚して家庭に入り子どもを産むのが当然でした。

だから今は結婚だけが幸せの形ではなく仕事や趣味にまい進することも認められていますが、それがなかなか理解できない親世代もいるのです。

あなた達子供には子供の考え方がいろいろあるように、親は親でいろいろな考えの親がいます。しかし、大抵の親に共通して言えるのは、孫の顔が見てみたいということです。

やはりよその家に可愛い孫が生まれたと聞けば羨ましく思いますからね。

また、自分の子供が1人寂しく老後を迎えるのも心配なのです。あなたの気持ちもわかりますが、親の気持ちもわかってあげて下さい。

結婚しなくとも親を安心させる方法

「結婚しなくても私は充実している」という姿を見せれば、親も少しは安心してくれるはずです。

資格の勉強や趣味に打ち込んだり精力的に活動するなど親が見ていてわかるような成果を出しましょう。

親を一番安心させるのはあなたの生き生きとした姿です。

いつも前向きに目標に向かって果敢にチャレンジしていたり、催し物に参加したり精力的に活動している姿を見ていれば結婚をしない理由も一目瞭然です。

結婚しない理由を親にきちんと言葉で説明するのも必要なことですが、あなたの生き方を親が見ていて結婚しない理由がはっきりわかれば親の不安は解消されます。

また、人が集まる場所で活動していればいつかはきっと良い縁にも恵まれるだろうという期待も生まれるので一石二鳥なのです。

憂鬱な顔で仕事から帰ってきて、休日は寝てばかりでは親もイライラしたり不安になってしまいます。親を安心させたければとにかく明るく振る舞うこと。

人の集まる場所で人との縁を大切にしながら生きているから大丈夫という事を親にアピールしてみてください。

結婚して親を安心させる事を選択した方が良い場合もある

中には親の意見を聞き入れて結婚に踏み切ったほうが良いこともあります。仕事にやりがいを見いだせず、打ち込める趣味もない、目標もない。

ただ日々を惰性で暮らしている、という状態ならば結婚を具体的に考えて、生活に一区切りをつけた方が良いでしょう。

彼氏がいるなら結婚の相談をしてもいいですし、そうでないならば婚活パーティに出かけて新たな出会いを探してみてください。

「結婚する」という目標を作ってそれに向かっていくことで、生活にもハリが出ます。あなたのそのような姿を見れば親も安心してくれますよ。

前述したように、親にとっては子供の生き生きとした姿が見れるのが一番の安心材料です。

「今〇〇目指して頑張っている」という姿を見せれば、親の口うるさい結婚催促も減っていくでしょう。

その〇〇に当てはまるのがあなたの場合「結婚」であるなら親はもう万々歳です。結婚に向かって良い人と巡り会えるように頑張ってみて下さい。


結婚しろとうるさい親に対しては、

  • 自分の意見をはっきりさせ、それを親に説明する
  • 意見を聞く耳を持たない親とは物理的に距離を取る
  • 親世代とは幸せの形が変わっている
  • 仕事や勉強、趣味に打ち込んで充実した姿を見せる
  • 他に目標や打ち込みたいものがなければ、結婚に向けて行動してみる

結婚は人生の選択肢の1つに過ぎません。必ず選ばなければならないものではないのです。

それにも関わらず結婚を無理矢理選択させようとしたり、選択できない状況にある人を白い目で見たりする人も少なからずいます。

でも大切なのは、結婚も含めていろいろな選択肢を自分の手で選んでいくこと。

たとえ親と言えどそれに過剰に干渉するのは好ましくありません。

余計な意見に振り回されないためにもあなたの考えをしっかりと持ち、親にあなたの考えを理解してもらえるように説得してみて下さい。

そうすれば大抵の場合、親から結婚の催促をされることはなくなるはずです。親と上手にコミュニケーションを取って、あなたの結婚観を親に理解してもらえるといいですね。

『出会いがなくて困る…』

という方は、ネットの婚活サービスを利用するのもおすすめです。withは、親や友人にも知られず安心して使うことができます。男性も真剣に婚活されている方がたくさんいるんですよ。

withは女性完全無料で使えるので、気になる方は試しに使ってみることをおすすめします。

顔写真を載せている男性も多いので、見た目から探すこともできます!自分の趣味や好きなことを登録できるので、共通点のある方と出会うこともできちゃいます。

スマホでできる婚活サービスって手軽でいいですね♪

女性は完全無料の婚活サービスはこちらです。

↓ ↓ ↓

「with」で婚活!話題の婚活アプリに登録してみました!

Social Service Site

Follow!

関連コンテンツユニット
【関連記事】