お見合いで親に反対された相手とは結婚を諦めるべき?説得するには?

周りはどんどん幸せになっていく中、自分が取り残されていく不安。

そして、やっと、お見合いで意気投合出来る相手を見つけ人生の伴侶として過ごしていくほどの覚悟を持てる相手を見つけたのに親からの反対で前に進めなくなって悩んでいる方に、そんなきにどうやって親を説得するべきかご紹介します。

結婚したら、2人だけの問題ではなく家庭同士の問題にもなりますからね。それに、なによりも自分が一番大切に思っている、両親に心から祝福されて嫁にいきたい、誰もがそう当たり前に思っていることだと思います。

そんなあなたに少しでも役立つと嬉しいです。

Sponsored Links

お見合いで親に反対された相手とは結婚を諦めるべきか

お見合いとうと少し堅苦しいイメージがありますが、最近はお見合い事情も変化してきており、パーティー形式や通常のレストランで開催するなど、いろんな形がありますよね。

そんな中、あなたにやっと素敵な男性が現れたのに、親が一度反対したところで簡単に引き下がるべきなのでしょうか?答えは絶対NOです。

親に反対されたからといって、簡単に引き下がってしまうと「所詮、最初からそれだけの感情だったわけでしょ」と思われてしまうのです。ですから、強い意志をもって堂々としておくことも大事ですよ。

Sponsored Link

お見合いで親が反対する理由

そもそも、なぜ反対されているのでしょうか?

  • 家庭同士のつり合いが合わない
  • 相手側が片親であった。また、片親になった理由など
  • 年齢が離れすぎている

など、理由は様々ですね。

戦前は、日本はお見合い結婚が主流で、家と家とのつながりを大切にしていましたから、本人の気持ちの前にまず親同士がどうかという考えが強かったのです。ですから、大体同じような収入の相手だったり、同じような家族構成をもっている等でお見合いを決めたりしていたわけです。

もしかしたら、まだ、そういった考えを根強くもっており家庭のつり合いを気にして反対しているのかもしれませんね。しかし、時代は変わっていますから、親を説得する方法もありますから試してみなければはじまりませんよ!

ということで、次にその説得方法について紹介しましょう。

親を説得するにはどうすればいい?

反対されている原因に基づいて、説得していく必要がありますね。

まず、親が反対している部分よりもいいところの方が上回っているし、それを自分は理解しているということ。そして、必ず、一緒になりたいと願っている事を親に、静かに伝えましょう。

そうやって、親の中でいいイメージを作らせて「それだけ、いいところがあるなら、、、」とすぐに決断を出してくれなくても思ってくれるかもしれません。

要は、最初に伝えてからどれだけ、頭の中で彼の存在を考えてもらえるようにするか、ということが大切です。例えば、

娘:〇〇さんと、結婚を前提にお付き合いを考えているの。

親:その人は年収も低いのにあなたを養っていけるとは思えないわ。

娘:そうかもしれないけど、その分は二人で働いてカバーするし、でも、優しさや頼りがいは〇〇さんを超えられる人いないの

親:・・・・・

例なので少し極端ですが、最後の親の「・・・・・」これが大切なんですね。

この沈黙があるとうまくいく可能性は高いです。無視されているだけなら残念ですが、、、

それでも反対されたときは?

それでも、反対されたときは一旦、その話はなかったことにして普段通りの生活にもどってください。

もちろん、その彼の話も一切せずに。彼と、お付き合いしてみることも、少し時間を待ってもらうのも構いません。

ただ、あなたが、彼と一緒になりたい気持ちがあるうちは、仕事や家事などに没頭して親に「最近なんだか変わってきたけど、どうしてだろう」と思わせるのもいいですよ。

まさか、その背景が彼がいてくれることでそうなっているなんて知ったら、認めたくなる気持ちがグッと強くなりますよ。

親の意見も参考に!後悔のない決断をしよう!

親の意見も耳障りと思っているかもしれませんが、親の言っていることがわからないわけではないと思います。確かに、そうだと感じるのであれば、素直に頷くことも必要です。

親に言われたことによって納得できるのなら、その恋はいずれにしても続かない恋だったということです。

一番良くないのは、2人の感情だけで突っ走ってしまい、周りが見えなくなってしまうこと。

若いうちの恋愛と違って本当にいろんな意味で取り返しのつかない現実があるので注意しましょう。


いかがでしたか?なんだかんだいって親子です。娘には幸せになってもらいたい!そう思うのが親ですよ。

  • 反対さてもすぐ諦めず彼のことアピールして
  • 反対され続けたら距離をおいて自分磨き
  • 親も子どもの幸せを願っている前提をわすれずに

あなたを愛する気持ちが強いあまりに、親の気持ちを全面的に出してきてしまうのは分りますが、あなたのその一途な思いはいつか実ると私は信じています。諦めずに、前向きに頑張ってみましょう。

関連コンテンツユニット
【関連記事】